つくる会の体質を正す会
■注目の種子島経氏の特別寄稿はこちらです。(5月26日掲載)
■騒動の「構図」についての記事はこちらです。(5月10日掲載)
■騒動の「あらすじ」はこちらです。(6月6日掲載)
■「西尾幹二氏の言説の変遷」はこちらです。(6月20日掲載)
■「藤岡氏の八木氏に対する言説の変遷」は、
  (15)(6月14日掲載)、(16)(6月15日掲載)、
  (17)(6月17日掲載)、(18)(6月19日掲載)です。
■「藤岡氏の事務局員に対する文書攻撃」はこちらです。(14)(6月11日掲載)
■西尾氏に対する訂正要求はこちらです。[資料編(1)]
  (5月12日3段目掲載の記事)
■藤岡氏への再質問はこちらです。[顛末記(5)](6月4日掲載)
■鈴木氏の人物については、こちら(5月24日掲載)とこちら(7月5日掲載)です。
■渡辺記者の反論については、こちらです。(5月25日掲載)
■西尾・藤岡両氏の「謀略」の可能性の立証については、こちらです。(7月3日掲載)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一つの「つくる会」顛末記・資料編(4)ー伊藤隆先生の辞表ー
【解説】
 松浦光修氏が「雑感・つくる会の逝きし日々(1)」の中で「去る二月、その伊藤先生も、藤岡信勝氏に対する激烈な批判の言葉を残して『つくる会』を去られた」と述べている部分についての資料です。
 3月11日に開催された「つくる会」の第4回評議員及び全国支部長会において、内田理事の求めにより、伊藤先生の弟子である福地惇理事によって読み上げられました。
 なお、福地理事は、2月27日の理事会で「八木会長解任動議」を提案したことについて、伊藤先生から「藤岡と組むなんて、お前の目は節穴か。まるでピエロだ。それでも学者か」などと叱られてしまったそうで、八木氏や内田氏や宮崎氏に会った時に「不明を恥じる」と何度も言っていたそうです。私には「伊藤先生に義絶されてしまった」と漏らしていました。
 ところが、その後また、八木追放派の急先鋒へと転身してしまいました。この福地氏の迷走が理事会の混乱に拍車をかけたのは間違いありません。その経緯については後に本編で詳しく述べることにします。

(資料)
         辞 表

 新しい歴史教科書をつくる会の立ち上げ当初から理事として参加してきましたが、教科書が出来た段階で、自分のしなければならぬ仕事に専念するために辞意を申し上げておりました。形だけでもよいから残留して欲しいと当時の田中英道氏から慰留され、さらに私が信頼している八木秀次会長に交替したときにはそのままにしておりました。大した事は出来ないが、多少なりともお役に立てればと思って今日に至りました。ところが今回の騒動で、私が積極的に参加していた時期にも繰り返し内紛が繰り返されていた、その際必ず藤岡信勝氏がその紛乱の中心の当事者であったこと、それがこの会の発展の阻害要因ともなってきたことを思い出し、私の信頼する八木会長を解任した藤岡氏が会の実質上のリーダーとなるような今日の事態のもとで、最早理事として名を連ねることは、全国の運動を推進されている会員の皆様に対して責任を果たす所以でないことを考慮し、改めて理事を辞退させて頂きたく存じます。
 なにとぞ、ご了承下さるようにお願い申し上げます。
  平成十八年三月九日
                             伊 藤  隆 印
新しい歴史教科書をつくる会会長 種子島経様

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。