つくる会の体質を正す会
■注目の種子島経氏の特別寄稿はこちらです。(5月26日掲載)
■騒動の「構図」についての記事はこちらです。(5月10日掲載)
■騒動の「あらすじ」はこちらです。(6月6日掲載)
■「西尾幹二氏の言説の変遷」はこちらです。(6月20日掲載)
■「藤岡氏の八木氏に対する言説の変遷」は、
  (15)(6月14日掲載)、(16)(6月15日掲載)、
  (17)(6月17日掲載)、(18)(6月19日掲載)です。
■「藤岡氏の事務局員に対する文書攻撃」はこちらです。(14)(6月11日掲載)
■西尾氏に対する訂正要求はこちらです。[資料編(1)]
  (5月12日3段目掲載の記事)
■藤岡氏への再質問はこちらです。[顛末記(5)](6月4日掲載)
■鈴木氏の人物については、こちら(5月24日掲載)とこちら(7月5日掲載)です。
■渡辺記者の反論については、こちらです。(5月25日掲載)
■西尾・藤岡両氏の「謀略」の可能性の立証については、こちらです。(7月3日掲載)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑感・つくる会の逝きし日々(1)ー伊藤隆先生去る…の意味がわからない人々ー      
松浦光修

  
「つくる会」の活動を盛んにやっていたころの話である。ある親しい(著書も複数ある)教養人から、「こういう社会活動をやっていると、大学の世界では、ずいぶんと高く評価されるんでしょうね?」と言われたことがある。まずはビックリした。次に「ああ、これほどの教養人でも、大学の世界というものの実態が、まったくおわかりではないのだ…」と悟り、私は暗然たる思いにとらわれた。

 評価されるどころか、こんな活動をやっていると、今の大学の世界では白眼視され、誹謗中傷されてしまう。それが、あたりまえなのである。三重県においては職を奪われた大学教授さえいる(拙著『いいかげんにしろ日教組』参照)。専門書も博士号も持っていない“あやしい大学教授”はともかくとして、それらを持ちつつ、それでもなお、このような活動をやるというのは、学界では、よほどの“バカ”か “お人よし”でないとできないことなのである。

 ましてや今の我が国の日本史関係の学界は、そういう一般的な学界からさえ、さらに隔絶した「サヨクの楽園」である。いくら私が“バカ”だとはいっても、私も日本史の学者のはしくれではあるから、さすがに心細い思いをする時がないでもなかったが、つい最近まで「つくる会」には、日本史プロパーの大先輩として、尊敬する伊藤隆先生がいらっしゃった。世間の方々は、あまり御存知ではないようであるが、日本史の“プロ”から見て、伊藤隆先生の名前があるのとないのとでは、その歴史教科書の“重み”は、格段に違ってくるのである。いくらサヨクが『新しい歴史教科書』を「素人がつくった歴史教科書」と、非難しようとしても、先生の名前があるだけでその種の非難は封じることができる…、「伊藤隆」という名前は、“プロ”の世界ではそれほどの威力をもっていた。

 しかし去る二月、その伊藤先生も、藤岡信勝氏に対する激烈な批判の言葉を残して「つくる会」を去られた。伊藤先生を失ったことほど、「つくる会」の、ひいては『新しい歴史教科書』の学問的信用を落とした出来事もあるまい。それにもかかわらず、どうやら会の関係者は、今もその点に関しての深刻な認識を欠いているようである。「いかにも素人くさいこと…」と私は呆れている。(平成18年5月14日記す)
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。