つくる会の体質を正す会
■注目の種子島経氏の特別寄稿はこちらです。(5月26日掲載)
■騒動の「構図」についての記事はこちらです。(5月10日掲載)
■騒動の「あらすじ」はこちらです。(6月6日掲載)
■「西尾幹二氏の言説の変遷」はこちらです。(6月20日掲載)
■「藤岡氏の八木氏に対する言説の変遷」は、
  (15)(6月14日掲載)、(16)(6月15日掲載)、
  (17)(6月17日掲載)、(18)(6月19日掲載)です。
■「藤岡氏の事務局員に対する文書攻撃」はこちらです。(14)(6月11日掲載)
■西尾氏に対する訂正要求はこちらです。[資料編(1)]
  (5月12日3段目掲載の記事)
■藤岡氏への再質問はこちらです。[顛末記(5)](6月4日掲載)
■鈴木氏の人物については、こちら(5月24日掲載)とこちら(7月5日掲載)です。
■渡辺記者の反論については、こちらです。(5月25日掲載)
■西尾・藤岡両氏の「謀略」の可能性の立証については、こちらです。(7月3日掲載)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントを寄せて下さっている皆様へ        
  新田均

 様々な御意見、質問、感想などありがとうございます。傾聴すべき御意見、本質に関わる質問、なるほどと思う感想など、質の高いコメントが多いのに驚いております。
 ただ、今は、本務の傍ら、顛末記と資料編を書くだけで精一杯で、一つ一つにお答えしている余裕がありません。皆さんのコメントはできるだけ記憶しておいて、顛末記の中で触れられるように工夫してみたいと思います。
 書き始めた時は、私やその他の辞職理事への濡れ衣を晴らしたいという思いが一番強かったのですが、段々と、「つくる会」の体験は自分にとって何だったのかをはっきりと理解したいという思いの方が強くなってきました。賢者は歴史に学ぶと言いますが、私はそれほど賢くないので、まずは体験からしっかりと学びたいと思っています。
 繰り返しますが、質の高いコメントが多く、だんだんと、「良質な保守の会」みたいな雰囲気になってきたな、「つくる会の体質を正す会」という名前は少し後ろ向きだったかな、などと感じはじめています。

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。