つくる会の体質を正す会
■注目の種子島経氏の特別寄稿はこちらです。(5月26日掲載)
■騒動の「構図」についての記事はこちらです。(5月10日掲載)
■騒動の「あらすじ」はこちらです。(6月6日掲載)
■「西尾幹二氏の言説の変遷」はこちらです。(6月20日掲載)
■「藤岡氏の八木氏に対する言説の変遷」は、
  (15)(6月14日掲載)、(16)(6月15日掲載)、
  (17)(6月17日掲載)、(18)(6月19日掲載)です。
■「藤岡氏の事務局員に対する文書攻撃」はこちらです。(14)(6月11日掲載)
■西尾氏に対する訂正要求はこちらです。[資料編(1)]
  (5月12日3段目掲載の記事)
■藤岡氏への再質問はこちらです。[顛末記(5)](6月4日掲載)
■鈴木氏の人物については、こちら(5月24日掲載)とこちら(7月5日掲載)です。
■渡辺記者の反論については、こちらです。(5月25日掲載)
■西尾・藤岡両氏の「謀略」の可能性の立証については、こちらです。(7月3日掲載)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一つの「つくる会」顛末記(2)ー対立が解消できなかったある要因ー              
二、対立が解消できなかったある要因

 対立の構図は「一」のようですが、この対立の構図が解消できなかった大きな原因として、お二人の確信犯(この用語は、西尾氏と藤岡氏を指していますが、もちろん、彼らを犯罪者だと言っているわけではありません。ただ、「自分の主張を通すためなら会の混乱も辞さず」との信念の下に内紛を起こし続けている人を指す適当な用語が他に見つからなかったのでこの言葉を使うことにしたまでです)をとりまく無責任な理事やこの混乱に乗じて売り出そうという野心家の理事の存在を指摘しておかなければならないと思います。
 彼らは裏に回れば、西尾・藤岡の問題点を指摘し、彼らとは一緒にやりたくない、彼らでは会は保たない、などと言いますが、表立っては批判せず、決して改革に手をそめようとはしませんでした。むしろ、理事会の場では彼らの味方に回りました。それは、逆恨みされて、悪口雑言を浴びせられるのはかなわないと思っていたからのようです。また、時には騙されて、共犯者(これも犯罪者という意味ではありません。間違ったことを一緒にやってしまった者という意味です)になってしまったこともあり、その事実を認めることを、知識人・評論家としての面子が許さなかったからとも考えられます。

 ここが、彼らと八木氏とが決定的に違うところです。八木氏は、実に素直な人で、最初の内は創業者二人を信頼し、彼らと言動を共にしていました。ところが、ある時点で、自分は騙されていたと気がつき、彼らのグループから離れ、その過ちを正そうとしはじめたのです。その結果、裏切り者にされてしまいました。
 人間は誰でも判断ミスを犯すものです。人間を本質的に信頼している保守主義者はなおさらです(特に、八木氏は「一緒に酒を飲める人は良い人だ」という先入観の持ち主でした)。私もそうです。ある時点までは、創業者の言葉をそのまま真実であると信じて、扶桑社の真部栄一氏や宮崎正治氏を疑い、それを言動に表現してもいました。
 しかし、ある時点で「これは変だぞ」と気づいたのです。それで言動を改めました。八木氏もそうでした。ところが、そんな簡単なことが出来ない人達がいるのです。最初は何故だか分からずに不思議でしかたがなかったのですが、だんだん原因が分かってきました。

 一つは、知識人や評論家としてのプライドです。世間に対しては、大きくて複雑な問題についての「正論」を吐いていながら、実は、目の前で起きている小さな出来事についての判断さえ誤ることがある、騙されることがある、などということは恥ずかしくて認められない、ということのようなのです。いずれ、お話することになると思いますが、「南京大虐殺」が幻であることは知っていても、「コンピューター問題」の幻には気付かなかった、などとは恥ずかしくて言えないのです。その小さなプライドを捨てられないために、方向転換ができず、ずるずると確信犯に引きずられていったということのようなのです。

 二つ目は、表では「公」が大切などと言っていても、裏に回ると、「つくる」会というボランティア組織よりも、自分が今まで築いてきた個人的な関係の方が大切で、それが壊れるようなことはしたくない、と言うのが本音のようなのです。これは人間関係を大切にする保守主義者に共通の欠点なのでしょうが、そこにつけ込まれて、「俺を取るのか、彼奴を取るのか」とせまられると、言っていることは正しいが、個人的には縁の薄い人たちの味方をするというわけにはいかなくなり、疎遠な人に味方をしなくてもいい理由をあれこれと考え出し、やがて自分が創作した理由に縛られて、結局、確信犯について行くしかないということになってしまう、ということのようなのです。
 そして、心の中で、自分の良心に対して、こう言い訳しているのではないかと思います。「この会がどうなろうと私のせいじゃない。内紛を起こした、西尾・藤岡や八木・宮崎・新田たちが悪いのだ。そのとばっちりなんか食ったらたまらない」。

 三つ目は、ブライドが高く、上昇思考が強くて、しかも、偏狭な正義感に酔いしれる傾向があり、さらには、不遇感や恨みを心のそこに抱いているある種の人々には、西尾氏の「あなたが会長になりなさい」「君たちこそ良識派だ」「覇権をとれ」「貴方たちに期待します」などという煽り文句が実に良く効くらしい、ということです。

 いずれにせよ、中間派(様子見派、私益重視派)理事の存在によって、八木氏、種子島氏、そして彼らを支えようとした私たちの改革の試みは挫折してしまいました。聞くところによれば、私たちが退席した4月の理事会で、7月総会での藤岡会長選出が決まったとのことです。それを、強力に進言したのは、遠藤浩一理事だったようですが、この決定が「もううるさいから藤岡にやらせてみろ。どうなるか見物だ」などという無責任なものではなく、せめて、今度だけでも、「全力で会長を支えます」という決意の表れであってほしいと思います。



スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。