つくる会の体質を正す会
■注目の種子島経氏の特別寄稿はこちらです。(5月26日掲載)
■騒動の「構図」についての記事はこちらです。(5月10日掲載)
■騒動の「あらすじ」はこちらです。(6月6日掲載)
■「西尾幹二氏の言説の変遷」はこちらです。(6月20日掲載)
■「藤岡氏の八木氏に対する言説の変遷」は、
  (15)(6月14日掲載)、(16)(6月15日掲載)、
  (17)(6月17日掲載)、(18)(6月19日掲載)です。
■「藤岡氏の事務局員に対する文書攻撃」はこちらです。(14)(6月11日掲載)
■西尾氏に対する訂正要求はこちらです。[資料編(1)]
  (5月12日3段目掲載の記事)
■藤岡氏への再質問はこちらです。[顛末記(5)](6月4日掲載)
■鈴木氏の人物については、こちら(5月24日掲載)とこちら(7月5日掲載)です。
■渡辺記者の反論については、こちらです。(5月25日掲載)
■西尾・藤岡両氏の「謀略」の可能性の立証については、こちらです。(7月3日掲載)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
200605<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200606
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一つの「つくる会」顛末記(最終章3)ー新組織の課題とは何かー
 「つくる会」騒動について論じてきたこ「もう一つの『つくる会』顛末記」も今回で最後となりました。幕引きに当たって、特定の個人の問題を越えて、組織そのもののあり方という観点から見た場合、「つくる会」には、どのような問題点があり、それを克服する道は何か。それを最後に考えてみたいと思います。


1.保守運動全体との調和と補完を考える。

 まず、なんと言っても、「つくる会」の特徴は、「1テーマ、1プロジェクトの組織だった」ということです。課題を教科書一つに絞り込み、教科書の作成と普及だけを目的として、人々が集い、全国的な運動を展開するとういう方式で、「つくる会」は爆発的な力を発揮してきました。
 しかし、そのために、教科書以外の国家的課題になると理事の間に深刻な対立が生じたり、他の運動課題との関連・軽重を無視して内部争いに熱中したり、といった事態に陥ってしまいました。したがって、これからを考えるならば、改めて、日本の保守運動全体の中における自分達の位置を見極め、全体との調和や相互補完を考えて、進退を決する組織でなければならないと思います。


2.複数のプロジェクトが発生と消滅を繰り返す場、という発想に立つ。

 考えてみると、1テーマ、1プロジェクトの組織というあり方の中に、特定の人々が自分の地位に固執したり、組織の存続そのものが自己目的化してしまう大きな原因があったように思います。したがって、これを防ぐためには、それぞれに責任者を異にする複数のプロジェクトが常時活動しており、それらが必要と効果に応じて、創られては消えるという過程を繰り返している場、そういうものとして新団体は発想されるべきではないかと思います。
 人間は失敗するものだという前提に立てば、人間が思いつくプロジェクトにも失敗はつきものでしょう。とすれば、一プロジェクトで、しかもそれを永続させようとするのは危険すぎます。多数のプロジェクトが同時に稼働し、成果の出たものは存続し、成果の出なかったものは貴重な失敗体験として教訓を総括した上で廃止し、新たなプロジェクトを創出するという新陳代謝を繰り返す、そういうプロジェクトが生まれては消えながら、そこに関わる人間たちには、体験を通じての成長の機会が常に与えられる、そういう自己実現の「場」「空間」としての「組織」。
 これなら、個人が自分の立場にしがみつくことはできませんし、役割を終えたプロジェクトを終了することも簡単で、不必要な組織の存続が自己目的化することもなくなると思います。そして、日本の教育の再生のためにやるべきことがなくなれば、さっさっと解散する。そのような覚悟、いや、こんな組織が一日も早く不必要になることこそが日本のためだという認識をしっかりと持っておくべきでしょう。


3.小さな核と多くの協力者の二重構成にする。

 保守運動全体との調和と補完を考えて、さまざまなプロジェクトを起こすとなると、当然、中心者の間には、さまざまな問題について広範な意見の一致が必要となります。しかし、集まる人の数が多くなるほどそれは難しいということは、「つくる会」の内紛史からも明らかです。そこで、団体としての基本的な政策の企画・立案に関わる人々の数は少なくし、他方で、協力者を増やして、個々のプロジェクト毎に参加・協力していただくようにすれば、多くの賛同者を抱えつつ、しかも、それらの人々の間の意見の不一致によって団体が混乱するということはなくなると思います。


4.自前の支部や全国組織はもたず、既存の組織や有志の団体とネットワークを組む。

 既存の保守団体関係者の中には、新団体について、次のような懸念をお持ちの方もいらっしゃるのではないかと思います。
「つくる会と会員の取り合いをして、泥仕合を展開し、またまた他団体に迷惑をかけるのではないか」
「すでに存在している他団体とも会員の取り合いになるのではないか」
 しかし、私は、今度の団体には、支部も全国組織も、そして、いわゆる「会員」も不要だと考えています。
 これから支部を創ったり、それを組織化したりなどといったことは、能率が悪すぎます。それよりも、すでに、保守系の団体は数えきれないほどある訳ですから、それらの団体とネット・ワークを組んで、時にはそれらの団体や個人をつないで効果を高める仲介者になったり、活動を活性化するためのお手伝いをしたり、新たな運動の企画の司令塔になったり、また、時には自らが前線に出て戦ったりと、機動性の高い、小回りの利く組織を目指したいと思います。
 すでに、存在している日本にとって有意義な諸組織のネットワーク化を推進して、それぞれがもっと力を発揮できるように援助するサテライト組織、そんなイメージです。
 だいたい、「会員」といっても、保守系の運動に携わる人々の数はだいたい決まっており、多くの人々が複数の会に属していて、もう「会費」は大変、機関誌を送られても読み切れない、というのが実状でしょう。それに、私たちは、会員サービスに時間や費用や労力をかけるよりも、国を動かす運動に全力を投入したいのです。


5.自らも人を育てる、あるいは人が育つ、成長する団体でありたい。

①.主導者について

 「つくる会」は、これまでにもう何度も指摘してきたことですか、一芸に秀でた創業者の欠点を覆い隠して神格化してしまいました。やはり、そこに内紛や陰謀や隠蔽の体質から抜けられない原因があったように思います。ですから、新団体においては、はじめから、主導者といっても、欠点もあれば失敗もする普通の人間であるという常識に立って、問題や失敗を隠さず、むしろプロジェクトの失敗や挫折を通して、成長していくのだという認識を共有し、多少なりとも、人間修行のような要素を導入すべきではないかと思います。

②.プロの運動家について

 「つくる会」では、事務局長をはじめとした専従者に対して、「たかが使用人」「私たちはボランティア、彼らは金をもらっている」などという言葉に象徴されるように、敬意を払ってきませんでした。ですから、一方で、わがままな理事たちを自由自在に操って戦闘的な運動を展開することを期待しながら、他方では、生活をかけて運動しているにもかかわらず、理事たちに嫌われたらさっさっと辞めなければいけないといったような矛盾した要求をして平気でいられたわけです。

 実は、運動の専従者というの大変なのです。給料は安くないと会員から不満がでます。成果は、自分がやったことでも、偉い先生方がやってくださったことにし、失敗の泥はかぶらなければなりません。時には会員の不満のはけ口も引き受けなければならないこともあります。
 人一倍志が高く、運動に生活をかける覚悟があり、秘密が守れ、裏方を引き受けられるだけの自己抑制力を備えている。それが専従者に求められる資質です。その現実を少しでも知れば、誰も「俺はボランティアなのに、お前は金をもらっている」などとは言えないはずです。むしろ、「私が出来ないことを代ってやっていただいて、ありがとうございます」ということになるはずです。

 ただ、周りの者がどれほど理解したとしても、専従者の立場が不安定なものであることに変わりはありません。高い給料は期待できないでしょうし、団体がいつ解散になるかもわかりません。ですから、中には、志が歪んでしまう人も出てくるわけです。
 そこで、新団体では、彼らを対等のパートナーとして尊重するばかりでなく、この団体がなくなっても自らの力で生活していけるように、プロの運動家としての技量(構想力、統率力、事務能力、人脈、集金力)を高める機会をどんどんと与えていくべきだろうと思います。

③.協力者について

 私は、いわゆる「会員」は不要だといいましたが、「来る者を拒む」つもりはありません。ただ、新団体に参加する人の条件として、「大衆であることを止める覚悟」ということだけはあげたいと思います。
 晩年の清水幾太郎は「大衆」を次のように定義しています。
「大衆とは、第一に、敢えて自らに困難や義務を課そうとしない人たち、第二に、自ら自分を超えて行こうとしない人たち、そういう意味で、現在の自分に満足している人たち、第三に、もし不満がある場合、その原因を先ず自分以外のものに求める人たち、第四に、原始的欲望を制御することを知らない人たち。」(『世紀末に生きる「社交学」ノート』文藝春秋、212頁)

 「つくる会」は、創業者を神格化してきたばかりでなく、会員を甘やかしてきたと私は思います。ただ会費を払っている、少しばかり活動した、というだけの理由で、自らの欲求の実現を会に要求し、不満があると総会やネットで大騒ぎし、自らは「戦後の大衆性」にどっぷりとつかりながら、そのことに気づきもしない会員に、反省をもとめることが余りに少なかったと思っています。

 もちろん、「つくる会」会員が、そんな人ばかりだったと決めつけるつもりは毛頭ありません。黙って自己犠牲を払ってきた人々が多いことは承知しています。しかし、やはり、誰かに頼り、お願いして、それで良きことをなそういう依頼心が強かったことは否定できないでしょう。ですから、自分が頼った人が誤った場合には、厳しく糺して、正しい道にもどすことができなかったのだと思います。

 ですから、新団体に参画しようとする人には、主導者と憂いをともにする人であってほしいと思います。何かをやってほしいとお願いするのではなく、自らがこれをやりたいというアイデアや企画、これをやるんだという覚悟を持つ、できれば、そのために一国一城の主となって、その夢や企画や事業を実現するために新団体と提携する。そういう人であってほしいと思います。

 もしも、気持ちだけはあるのだが・・・という人がいたら、そういう人には黙って資金援助をしていただきたいと思います。サービスといたしませんが、成果は確実にあげ、それについては、お知らせしたいと思います。

④.後継者について

 保守運動に限らず、後継者の育成は、どこの組織においても大切な課題でしょう。ただ、若い人を大切にしようとする余り、まだ自らの言葉を持てず、小器用に著名人の思想や言葉をつなぎ合わせているだけの若者がチヤホヤされて、そのために、未だ自らの力では何も達成していないのに、もうすでに何事か有意義なことを実現したかのように勘違いして、思い上がり、最前線で戦っている人々を批評し、中傷するといったことが、「つくる会」騒動の副産物として起こりました。

 私にしても、八木氏にしても、そうなのですが、誰にも理解してもらえず、時にはかつての仲間からも批判の目をむけられる、自らの方向性にも能力にも確信が持てない不安の中で、それでも志を捨てないように、裏切らないように努力した、そんな孤独な修行時代がありました。ただ、それに耐えられたのは、何人かの暖かく見守ってくださった先生方がおられたからです。その先生方の恩を、今度は次の世代を育むことで、私たちがお返しする巡り合わせになってきたように思います。胸中に志を秘めて、地道に努力している若者を見出し、鍛え、お国のために働けるように援助することも、新団体の大切な機能だと思います。


6.「命もいらず、名もいらず」ではなく、正しいこと、意義深いことと、楽しいこと、ワクワクすることとの融合、調和を目指したい。

 大学時代に、ある年長者が三島由紀夫の自決の時の心境を語ってくれたことがありました。「自分は、それまで、国のために死ぬなんてことを軽々しく口にしていたが、三島さんの事件を知って、俺には日本のために命を懸ける覚悟なんてないことがよく分かった。でも、そんな自分でも何かできることはないかと考えたら、国のために一生を懸けることならできそうに思えた。」

 ちょうどその頃、『西郷南洲遺訓』を読んでいて、「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るもの也。此の仕末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり」という一節の重みに耐えかねていた私にとって、その言葉は救いになりました。もちろん、名誉や地位や金を手に入れたいとの下心を美しい言葉で飾って人々を欺くのは論外ですが、とかく、保守的な人々の中には、不必要に、名誉や地位や金を毛嫌いする傾向があることも否定できません。
 何よりも大切なことは国のために何事かをなすということで、そのために名誉や地位や金が邪魔ならば退け、必要ならば手に入れる、そういう執着なしの自由自在が必要だと思います。そして、究極においては、公に向かうことを覚悟しつつ、出来うる限り、個人としての自己実現(夢や希望や楽しさや富や地位)との両立の道を探っていきたいと思っています。
 そんな私が考えている新団体のイメージは、戦うイベント会社、運動するベンチャー企業、保守運動を活性化する仲介業者、様々な教育団体をネットワーク化する企画会社といった感じです。


7.「一揆」の伝統を復活したい。

 私はかつて拙著でこんなことを書きました。
「一揆とは、今日では農民反乱のように思われているが、本来はそのような限定された現象ではない。中世に盛んだった一揆とは、身分に関係なく、通常の手段では解決不可能な課題に対処するため、各人が従来のしがらみを超越して新たな共同体を創出することが必要になった場合に、結ばれたものだった。
 例えば、頼朝死後の鎌倉幕府において、評定会議が設置されたが、その際に、この会議を個々の構成員の私的利害(「縁」)を超越した公権力の執行機関とするために、ただ「道理」に従い、「一同」「一味」(一味同心)する(共同責任を負う)という「神仏への誓約書である起請文」が結ばれた。勝俣[鎮夫]はここに「一揆」の伝統の起点を見ている。

 この一揆の特徴を列挙すれば、合議による意志決定と共同責任、さらには、「一味神水」と言われる神仏への誓約と構成員間の平等性などである。この一揆は「日本の歴史の基層に生き続けた集団心性」だったと勝俣は言っている。
 一揆の要点をもっと普遍化して、「非常時に対処するために、神聖なものの下で、あるいは神聖なものを中心として、合議制や平等性を重要な要素として共同体を創出すること」と言い換えるならば、それは何も中世に限らない。律令国家の起点となった大化改新にあたっては、群臣を大槻の木の下に集めて盟約を結び、天神地祇に誓わせているし、さらに、神話にまで遡れば、岩戸隠れした天照大神に再び御出現いただく方法を神々が天の安の河原で話し合い、共同で祭祀を執行している。

 とすれば、明治維新とは、時間的には神話の時代から近世までの、階層的には朝廷から庶民にいたるまでの、まさに日本人全体の集団心性の基層に存在する一揆の伝統を、近代の要請に応じて蘇らせて国民国家を創出した壮大な復活劇だったと言えるのではあるまいか。「祭政一致」の宣言、それを象徴する儀式として改革の断行を諸大名を率いて天皇が神々に誓った「五箇条の御誓文」の誓祭式、四民平等と国民皆兵の政策、中央・地方での議会の設置など、すべて「一味神水」「一味同心」の文脈で整合的に理解することができる。」(拙著『「現人神」「国家神道」という幻想』PHP研究所、257ー258頁)

 私は日本という国は、歴史通じて、聖なるものを中心とする人間集団という特色が保持され、それによって国家としての健康が保たれてきたと思っています。その平常時の現れが、皇室祭祀を中心とした多様な祭祀群であり、非常時の現れが「一揆」だったのではないかと考えます。ですから、どこかで、「一揆」の伝統を維持したり、復活したりいることが必要ではないかと思っていたところ、新団体の事務所開きに当って、祭祀が行われ、八木氏が「五カ条の御誓文」を朗読したと聞きました。これは全く、私との打ち合わせなしに決まったことですが、それだけに、いっそう、私たちには深いところで問題意識が共有しているのだなと思ったわけです。
 また、改めて読んでみて、これから自分たちがやりたいと思っていることが、この五カ条に言い尽くされていることにも驚きました。

一、広く会議を興し、万機公論に決すべし。

二、上下心を一にして、盛んに経綸を行ふべし。

三、官武一途庶民に至る迄、各々其志を遂げ、人心をして倦まざらしめん事を要す。

四、旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。

五、知識を世界に求め、大いに皇基を振起すべし。


8.悪しき伝統は改めたい。

 「五カ条の御誓文」の第四条に「旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし」とあります。これまでの私たちは、不当な自虐史観の払拭に全力を注がなければならなかったために、我が国の伝統に含まれている負の遺産については、その指摘や清算に手が回らないという状況にありました。しかし、「つくる会」騒動を経験してみて、伝統的な価値観と戦後の価値観とが妙な科学反応をおこして融合し、おかしな状況を生み出しているのではないかと思うようになりました。そこで、日本の文化や歴史や伝統を静かに、大らかに肯定しつつ、個別の欠点については、改める努力を始めるべきではないかと思っています。


おわりに

 誤解していただきたくないのですが、本日私が書き連ねた組織的な反省や対策は、私がこのブログを書き続ける中で得た、個人的な見解で、決して新団体の正式決定ではありません。吸い上げてもらえる部分もあるでしょうし、取り上げてもらえない提案もあるでしょう。それに、今日申し上げたことは「組織論」に限られていますので、具体的な運動目標や政策については、まったく新団体の公式発表を待っていただかなければなりません。

 ともあれ、今日までお付き合い下さった皆様には厚く感謝し、お礼を申し上げたいと思います。

 「もう一つの『つくる会』顛末記」は今日でお仕舞いです。ただ、これからも、必要に応じて、お知らせなどを掲示することがあるかも知れません。

 今後、このブログは、「つくる会」騒動を伝える資料として残すつもりですが、コメントの書き込みについては、今月28日(水)をもって終了にしたいと思います。

それでは皆様、本当にありがとうございました。

平成18年6月25日

新 田  均
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。