つくる会の体質を正す会
■注目の種子島経氏の特別寄稿はこちらです。(5月26日掲載)
■騒動の「構図」についての記事はこちらです。(5月10日掲載)
■騒動の「あらすじ」はこちらです。(6月6日掲載)
■「西尾幹二氏の言説の変遷」はこちらです。(6月20日掲載)
■「藤岡氏の八木氏に対する言説の変遷」は、
  (15)(6月14日掲載)、(16)(6月15日掲載)、
  (17)(6月17日掲載)、(18)(6月19日掲載)です。
■「藤岡氏の事務局員に対する文書攻撃」はこちらです。(14)(6月11日掲載)
■西尾氏に対する訂正要求はこちらです。[資料編(1)]
  (5月12日3段目掲載の記事)
■藤岡氏への再質問はこちらです。[顛末記(5)](6月4日掲載)
■鈴木氏の人物については、こちら(5月24日掲載)とこちら(7月5日掲載)です。
■渡辺記者の反論については、こちらです。(5月25日掲載)
■西尾・藤岡両氏の「謀略」の可能性の立証については、こちらです。(7月3日掲載)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一つの「つくる会」顛末記・資料編(2)ー種子島会長・八木副会長・松浦理事の辞表ー
【解説】
 (資料1)は4月30日の理事会で私たちが退席した直後に「つくる会」会員に対して送られた種子島会長と八木副会長の辞表です。しかし、新執行部の命令によって途中で送信が止められてしまったため、届いていない地域もあります。
 この「FAX通信172号」について、その破棄を通告した藤岡さん起草の「FAX通信」では「理事会のルールを破る事態」「異常な行動を八木前副会長が指示した」と、八木氏が一人で勝手な行動をとったかのように書かれていますが、事実は違います。
 誰が考えても分かることですが、予め送信の準備をしておかなければ、理事会の最中にこんな長文の「FAX通信」を流すことなどできません。その上、ここには種子島会長の辞表も含まれているのですから、種子島会長の同意と指示がなければ入力も送信も不可能です。事実、私はその場にいたのですが、種子島氏の指示で、八木氏が送信の連絡を事務局員にしていました。
 予め両氏が辞表送信の準備を整えていたのは、新執行部成立と同時に、真実を会員に対して伝えることが不可能になる事態が十分に予想できたからです。会長と副会長がこんなことまで考えて準備しなければならなかったということ自体に、この会の理事会の「異常」さが端的に表れていると思います。

 (資料2)は、私が松浦光修理事から預かって、4月30日の理事会が始まる前に種子島会長にお渡しした松浦氏の辞表です。私たちが辞任しなければならなかった理由を極めて的確に表現した名文だと思いますが、いかがでしょうか。


(資料1)
つくる会FAX通信172号      平成18年4月30日(日)

          会長、副会長辞任のお知らせ

                    新しい歴史教科書をつくる会会長
                               種子島経

 まことに申し訳ない次第ですが、本日、4月30日の理事会で、会長の私、副会長の八木秀次が揃って辞任することとなりました。昨年9月以来の混乱を収拾すべく就任した私共が、かくも短期間で辞任せざるをえなくなったのは、次のような事情によります。
1. 2月27日理事会で急遽会長に選任された際、私は次の2点を確認し、それに基づいて再建構想を進めることとしました。
  1) 全理事が揃って支持してくれること
  2) 副会長選任などの人事については私に一任されること
2. 3月28日理事会で次の決議を行いました
  1) 私の推挙により八木氏を副会長に選任
  2) 理事間の内紛は一切やめる
  3) 今後は将来についての議論のみ行い、過去に遡っての糾弾など行わない
 ご承知の通り、組織というものは、かような決議を一つ一つ踏まえて、それを前提に進むべきものであります。ところが、この3月28日から10日も経たないうちに、一部の理事が、会の活動とは関係ないことをことさら問題にして、八木氏を査問にかけ、会から追放すべき旨の提言を執拗に行って参りました。これは、私の選んだ副会長を信任せず、またぞろ内紛を起こそう、というもので、以上のいきさつからしても到底承服できないところであり、私は峻拒しました。かようなルール違反、統制違反は、以前から「会」に見られ、昨年9月以来の混乱の一因をなしており、また私の会長就任後の短期間にも何度かあって、その都度注意して参ったことでした。しかし、こんなことでは私として会長職の責務を全うすることは不可能であります。
 これらの理事を解任して、私なりの統治を貫くことも考えました。だが、宿亜の糖尿病と高血圧が予想外に悪化して、予定していたブロック会もキャンセルせざるをえなかったような状態では、長期間会長職が勤まろうはずもありません。私なりの責任がとれないのなら、と私は辞任を決意し、八木副会長に伝えました。彼は、在任中、とりわけ昨年9月以来、このような問題に悩まされ続けて来ただけに、「もう精神的に限界です。私も辞めます」と表明、揃っての辞任となったわけであります。

 会長二ヶ月、副会長1ヶ月という超短期で辞任のやむなきに至ったのは、一重に私共の力不足によるところであり、深くおわび申し上げます。私は、日本では日本人、アメリカではアメリカ人、ドイツではドイツ人をマネージして、40年間、ビジネスを展開して参りました。だが、「つくる会」の理事諸侯の一部に関してはマネージ不能であったことを遺憾とします。彼等は、ルールを守る、ボスの方針に従う、などの国際基準を全く無視しますので、マネージできないし、彼等との仕事は、賽の河原で石を積む子供たちのような空しさの繰り返しにしかならないのです。

 後任人事など、別途通知をご覧下さい。
 私と八木とは、理事も辞任し、一会員として会の外から今後その発展を見守りたい所存であります。今後とも、「つくる会」へのご支援方、よろしくお願い申し上げます。また、八木は、「つくる会」を離れても、今後ますます日本のために活動すべき人材であります。暖かい目で見守って下さるよう、併せてお願い申し上げます。


              退会の辞

                   新しい歴史教科書をつくる会副会長
                               八木秀次

 平素は本会の発展のために日夜ご尽力賜り誠にありがとうございます。
 さて私は本日をもって本会の副会長・理事を退任し、同時に正会員も辞して、名実ともに本会を去ることに致しました。会長を解任された後、3月末に副会長に就任し、7月の総会で会長に復帰する予定でありましたが、その路線を快く思わない一部の理事が会の外部と連動し、私の与り知らない問題で根拠もなく憶測を重ねて嫌疑を掛け、執拗に私の責任を追及し始めました。私としては弁明もし、何とか理事会の正常化ができないものかと思って耐え忍んで参りましたが、この半年間を通じて彼らとの間ではいつも後ろ向きの議論を余儀なくされ、その結果、遂に志も萎え、肉体的にも精神的にも限界に達するに至りました。またこれ以上、家族にも精神的負担を掛けられないと判断致しました。本会は発足以来定期的に内紛を繰り返して参りましたが、「相手代わって主代わらず」という諺があるように、今回は私などがたまたま「相手」とされたに過ぎません。「主」が代わらない限り、本会の正常化は無理であり、また発展も未来もないものと判断し、やむなく退会を決断した次第です。
 これまでご支援賜りました全国の会員・支援団体の皆様には大変申し訳ない限りですが、今回の退会は私の志を維持し発展させるための苦渋の決断であることをご理解賜りたく存じます。とき至り、再び私が必要とされるようになった暁には日本の子供たちに輝く虹を見せるための活動の一端を担う所存です。皆様には何卒微意をお汲み取り下さいますよう伏してお願い申し上げます。


(資料2)
              辞表
                        平成18年4月30日

「新しい歴史教科書をつくる会」会長・種子島経 様

                    新しい歴史教科書をつくる会理事
                            松 浦 光 修

 私は、平成十一年より今日に至るまで、現場では三重県支部副支部長、同支部長として、本部では評議員、理事として、本会のため微力を尽くしてまいりました。それは「つくる会」の理想を正しいものと信じたが故であり、また支部役員をはじめとする会員の皆様が、きわめて善良、かつ純粋な方々であったが故でもあります。しかし、昨年九月、請われて理事となってみると、理事会の実態は、会の理念とは隔絶しており、残念ながら「教科書よりも、まずはご自身を正されてはどうか」と、思わざるをえない方が、少なくありませんでした。おそらくそれが、「創業者」が会を私物化し、合理的な根拠もないまま、私情にまかせ、無慈悲にも汚名を着せ、次々と事務局長を追放し、それに多数の理事が無批判に追随するという、全体主義的で陰湿、かつ冷酷な慣行を継続させてきた原因の一つかと思われます。
 総じて理事会は地方の実情を何も知らず、余暇をもてあまし、誇大妄想、被害妄想気味の、エキセントリックな一部老人たちによる精神的支配がつづいているのが実態で、地方で苦労してきた私からすれば、悲しいほど大義のない、欺瞞に満ちたものでした。「これでは偉そうな左翼批判など、とても恥ずかしくてできない」「これでは善良な会員の方々に申しわけない」と考えた私は、同憂の理事たちと、本会を日本人らしい道義ある会に再生すべく、この半年、きわめて多忙な本務のかたわら、微力を尽くしてまいりました。幸い現副会長の八木秀次氏や現会長の種子島経氏は、日本人らしい善良さ、純粋さ、また社会常識をお持ちの方々であると感じられましたので、つい最近まで、まだ私は、その点に会の再生への一縷の希望を託していました。
 しかし、去る四月十三日、たぶん西尾幹二氏に使嗾されてのことと思われますが、藤岡信勝氏と、両氏に追随する福地惇氏が、せっかく会の再生に乗り出した八木秀次氏と種子島経氏を呼び出し、脅迫的な態度で辞任を迫るという、まるで背後から切り付けるかのような信じがたい行動に、またも出ました。この半年に限っても、私が彼らのその種の所行を聞くのは、いったい何度目のことでしょう。これを聞いて私は、彼らに反省を促すことなど不可能であり、そうである以上、もはや彼らと戦いをともにすることはできない、と諦観しました。かくして、結局のところ今日の事態に至りましたこと、善良なる会員の皆様に対しては、自らの力不足を恥じるばかりです。
 ここにおいて私は、理事として本会を浄化できなかった責任の一端を痛感し、本日を以て、本会の理事・評議員を辞することとしました。おって三重県支部長も辞する所存です。不義なる人々を戴いて戦うことを、私は男子として潔しとしません。今のところは残念ながら、これが神と君と、会員の皆様に対して誠を示す、私の採れる唯一の道と考えてのことですので、どうか私の我儘を、お許しください。
 なお、七年もの長きに渡って、私の本会での活動に御支援をいただいた三重県内外の会員の皆様と、数多くの市民の皆様には、深甚の謝意を表する次第です。今後とも各自の御判断で、報国の活動を御継続くだされば、幸いに存じます。

  私に とらはる人の 公を 語る醜さ われは与せじ


スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。