つくる会の体質を正す会
■注目の種子島経氏の特別寄稿はこちらです。(5月26日掲載)
■騒動の「構図」についての記事はこちらです。(5月10日掲載)
■騒動の「あらすじ」はこちらです。(6月6日掲載)
■「西尾幹二氏の言説の変遷」はこちらです。(6月20日掲載)
■「藤岡氏の八木氏に対する言説の変遷」は、
  (15)(6月14日掲載)、(16)(6月15日掲載)、
  (17)(6月17日掲載)、(18)(6月19日掲載)です。
■「藤岡氏の事務局員に対する文書攻撃」はこちらです。(14)(6月11日掲載)
■西尾氏に対する訂正要求はこちらです。[資料編(1)]
  (5月12日3段目掲載の記事)
■藤岡氏への再質問はこちらです。[顛末記(5)](6月4日掲載)
■鈴木氏の人物については、こちら(5月24日掲載)とこちら(7月5日掲載)です。
■渡辺記者の反論については、こちらです。(5月25日掲載)
■西尾・藤岡両氏の「謀略」の可能性の立証については、こちらです。(7月3日掲載)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閑話休題1ー「つくる会FAX通信第174号」についてー
 「つくる会FAX通信第174号」が産経新聞の記者を攻撃するために3頁も割いているのを見ると、予想していたことですが、もはや藤岡氏の暴走を誰も止められなくなってしまったようです。そこには、私に関係した虚偽記事も含まれていますが、それについては連載の中ではっきりさせるつもりです。藤岡氏が明白な虚偽を散蒔いてくれればくれる程、私たちの正しさを証明することが楽になるので、今はどうぞ御勝手にという感じです。

 ただ、産経新聞の記者さんは、自分のために記事を書いて反論するわけには行かないでしょうからお気の毒です。藤岡氏は、反撃の手段を持たない人をよくターゲットにするのですが、堂々たる大家のやることではないでしょう。

 私にこの記者さんを弁護する義理はないのですが、3月29日の記事は正確です。しかし、それは誰かがリークしたからというよりも、正確な資料読解と緻密な周辺取材とによって「感づかれてしまった」と言うことなのです(この辺についても、追々、具体的にお話しします)。
 私がこの記者さんを弁護する義理がないと言ったのは、この方の取材力と新聞記者魂を込めた記事が、私が望んでいた八木氏の会長復帰を阻止する口実として藤岡氏らに使われてしまい、そのことを「恨めしく」思っているからです。しかし、自分が恨めしく思っている人であっても、抵抗の手段を奪われた状態で、まるでサンドバックのように痛めつけられているのを見過ごすわけにはいかないので一言しました。

 ちなみに、この「FAX通信第174号」の真の意図は、次の二点をごまかすことにあると思われます。
①.3月28日の理事会では八木氏の7月総会での会長復帰が既定路線であったこと(これに強く異を唱えたのは、藤岡氏自身で、他の理事は、彼がごねると面倒なので、表面上は「含み」ということにしたこと)。
②.ほとんどの理事が藤岡氏の執行部復帰を望んでいなかったこと(高池理事が副会長復帰を提案しましたが支持されませんでした)。
 この分析が正しいとすれば、もはや「FAX通信」は藤岡氏の自己正当化や弁明のための私物となってしまったと言えましょう。
 「自分に都合の悪い何かを隠すために、誰かを激しく攻撃(口撃の方が適切かな?)する」というのは藤岡さんによくみられる行動パターンの一つだと思います。

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。