つくる会の体質を正す会
■注目の種子島経氏の特別寄稿はこちらです。(5月26日掲載)
■騒動の「構図」についての記事はこちらです。(5月10日掲載)
■騒動の「あらすじ」はこちらです。(6月6日掲載)
■「西尾幹二氏の言説の変遷」はこちらです。(6月20日掲載)
■「藤岡氏の八木氏に対する言説の変遷」は、
  (15)(6月14日掲載)、(16)(6月15日掲載)、
  (17)(6月17日掲載)、(18)(6月19日掲載)です。
■「藤岡氏の事務局員に対する文書攻撃」はこちらです。(14)(6月11日掲載)
■西尾氏に対する訂正要求はこちらです。[資料編(1)]
  (5月12日3段目掲載の記事)
■藤岡氏への再質問はこちらです。[顛末記(5)](6月4日掲載)
■鈴木氏の人物については、こちら(5月24日掲載)とこちら(7月5日掲載)です。
■渡辺記者の反論については、こちらです。(5月25日掲載)
■西尾・藤岡両氏の「謀略」の可能性の立証については、こちらです。(7月3日掲載)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤岡先生のブログに対するコメント
 藤岡先生が私の書いた「『つくる会』騒動のあらすじ」について、御自身のブログで「反論」を書きはじめられました。様々な観点からの論が出ることは、全体像を読者が判断するための材料が増えるという意味で大変よいことだと思います。


 ただ、一読したところ、大量の文字を連ねておられるにもかかわらず、実際には、あまり「反論」になっていないのではないかと感じました。

1.前史としての「教科書改訂問題」について

 これについて、私は次のように書きました。
《藤岡氏が「私が責任をもって西尾さんから了解を取る」と言うので、任せておいたところ、藤岡氏がそれを怠ってしまい、それで西尾氏が「無断で改訂された」と怒り出した、というのが真相のようです。》

これに対する藤岡先生のお答えは次のようなものでした。
【西尾氏の執筆箇所の修正に関しては、その一部について、もめごとになるかもしれないという懸念はあった。そこで、「西尾氏の了解を取る」という話になっていたかもしれない。結果として私はそれをしなかったので、西尾氏には申し訳ないという気持ちはある。】

この記述は、反論どころか、これまでは誰も言及しなかった教科書改訂問題での西尾氏の大騒ぎの理由について、私の説明が正しいことを基本的に認められたものでしょう。

上記の文に続けて、藤岡先生は次のようにも書かれています。
【しかし、一方で、原文の修正は代表執筆者の権限であるという意識が私にあったことも確かである。結果として言えば、私は西尾氏に事前の了解を求めないでよかったかも知れないと思っている。もし、そうしていれば、その時点で私たちの教科書は完成する前にもっと紛糾し、空中分解していた可能性もあるからである。】

 ここで藤岡先生は「西尾氏に事前の了解を求めないでよかったかも知れない」と言っておらりますが、これは私が昨年の12月13日に藤岡先生から電話で聞いた話と明らかに矛盾しています。その時の会話を次に再現しましょう。あの頃の西尾氏に対する藤岡先生の素直なお考えが表れていて興味深いやり取りです。

藤岡氏「執行部じゃないけれど、西尾さんを完全に放り出して決めるとこれまた大変なあれになるんですよ。」
新田「実はそれもちょっと、問題じゃないですか?」
藤岡氏「問題ですよ。原則から言えば。」
新田「だってそれじゃ、西尾さんの“院政”じゃないですか。はっきり言って。」
藤岡氏「ですね、悪く言えば。西尾さんを外してやると、教科書の[改訂]申請のときも、ご存知かもしれないけど、要するに西尾さんが外れて、田中会長と私、執行部のメンバーでやり始めたら、西尾さんは「分量が減るとか、教科書が東京書籍と同じなる」とか大騒ぎした。それで「自分は外された」と。外されたんじゃなく、ご自分で「俺はこんな教科書なんてくだらない仕事をいつまでもやってられるか」と、慰留したのに辞めた。本人がそれなのに、それでまた、広島の何とかさんを、インターネットで使って大騒ぎした。」
新田「ああそうなんですか。そこまで含めて本当は総括なんじゃないですか。そんなこと続けられたら困りますよね。」
藤岡氏「困ります。そりゃそうだ。」

 このように、この時点では、「教科書改訂問題」の経験は、何事も西尾氏のご意向を伺わなければならない理由にとして私に説明していたのに、今回のブログでは、「西尾氏の御意向を伺わなくてよった」ことになっています。状況によって議論をクルクルと変え、しかも、「あの時は藤岡さんはそうはおっしゃていませんでしたよね」という人に対して、「それは謂れのない誹謗中傷だ」と逆に攻撃を加える。このような藤岡先生の行動パターンが、ここによく現れていると思います。

 もう一つ、興味深いのは、自分から辞めたのに、「辞めさせられた、辞めざるを得なくなった」と言い出して、被害者の立場を演出し、ブログで大騒ぎするという西尾氏の行動パターンについて、この時点で、すでに私が「何とかしなければいけない」と藤岡先生に提言していたということです。しかし、この時は、まさか、名誉会長辞任の演出によって私がその被害者になろとうは全く予想していませんでした。

 藤岡先生は、私が前史としての「教科書改訂問題」を書いたことについて【そうした苦労を何も知らない新田氏が、党派的目的のために、いけしゃあしゃあと私や西尾氏をあらん限りの言葉を連ねて批判するのは許し難い傲慢である。】と書いておられます。けれども、私は何も知らなかったわけではなく、藤岡先生ご自身からその一部をうかがっており、だから、二度と同じ様なことが起きないように、そのための解決策も提案していたのです。
 藤岡先生は「あらん限りの言葉をつらねて」とおっしゃっいますが、私が書いたのは、ほんの数行、ただ因果関係を説明しただけで、藤岡先生に対する非難めいた形容詞は使っておりません。

 それから、藤岡先生は【新田氏は、1月16日の理事会の後で、「宮崎氏は事務局長の器ではないな」と八木氏に漏らしていた】と書かれていますが、この会話を何時、誰から藤岡先生は聞かれたのでしょうか。その前後の文脈はどうなっていたのでしょう。八木氏への確認は取られたのでしょうか。
 それにしても、もしも、この会話が事実なら、「新田たちは学生運動以来の絶対的な上下関係の中で、先輩を守るために徒党を組んだ」という西尾氏の物語はどうなってしまうのでしょうか。
 藤岡先生も「人事よりも総括を優先すべきだとの内田や新田の主張は、宮崎を守るための策略に過ぎない」旨を、後から言い出されましたが、先の私の発言が事実だとすれば、まさに、総括の結果として宮崎氏が事務局長として残れなくなるという可能性を受け入れる用意が私の方にはあったことになります。となると、「総括優先」の主張は策略どころか、私のまぎれもない真情の吐露だったということなるのではないでしょうか。


2.鈴木氏による反論について

 鈴木さんは【宮崎氏から「若い人を誘って飲みに行くことはやめてくれ。若い人の気持ちが鈴木さんの方にみんな傾いてしまう。それでは事務局長としての権威がなくなってしまう」と言われたことがあった。】と書かれています。
 しかし、宮崎氏は、会の仕事でもないのに、鈴木さんが、勤務時間を問わず勝手に若手事務局員を連れ回すことがあったので、「事務局の秩序を乱さないでほしい」と注意しただけだと言います。
 この「事務局の秩序を乱さないでほしい」という宮崎氏の言葉を言い換えて、鈴木さんは、若手事務局員たちに「宮崎は俺に嫉妬している。若い人の気持ちが俺に傾いて、事務局長としての権威がなくなるのを恐れているのだ」と語っていたと言います。つまり、自分の意図を宮崎氏の嫉妬のせいにして、宮崎氏が、こう言った、ああ言ったと吹聴したわけです。このあたり、鈴木さんの思考は藤岡先生と似かよっており、だから、お二人は気が合うのかもしれません。
 結果的に見ると、鈴木氏の行為は事務局の秩序を乱すのではないかという宮崎氏の心配は当たっていました。けれども、若手事務局員は、鈴木さんの八木氏や宮崎氏に対する背信行為にあいそをつかし、鈴木さんから離れて行ってしまいましたので、「若い人の気持ちを自分に傾けよう」という計画は失敗したということになります。

【「事務局長の職を狙っていた」と言うに及んでは、全く話が逆だ。去年の秋から、八木氏は宮崎氏についての不足をあれこれ言い、私(鈴木)に事務局長として事務局に入って欲しいと言っていたが、私は事情が許さないので断り続けていたということが事実である。だから、八木氏がこんなことを言うはずがない。】
と鈴木さんは言われています。
 しかし、もはや、以前と違い、私は鈴木さんの発する表面上の言葉と彼の内心とが一致していたとは思えなくなっています。私が「誰々が言っていた」と書く際には、かならず本人に確認するか、物証があるか、いずれにしても、裏はちゃんと取っています。このケースでは、八木氏本人に確認しています。
 “鈴木さんは、かなり早い段階から裏で色々な人に「宮崎ではダメだ」と吹き込んで、鈴木待望論に誘導しながら、表面では「事情が許さない」と言って自分の価値を高めていく、そういう誠に巧みな行動をとっていた”というのが、あのころの鈴木さんの言動に接していた人々の一般的な見方です。

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。