つくる会の体質を正す会
■注目の種子島経氏の特別寄稿はこちらです。(5月26日掲載)
■騒動の「構図」についての記事はこちらです。(5月10日掲載)
■騒動の「あらすじ」はこちらです。(6月6日掲載)
■「西尾幹二氏の言説の変遷」はこちらです。(6月20日掲載)
■「藤岡氏の八木氏に対する言説の変遷」は、
  (15)(6月14日掲載)、(16)(6月15日掲載)、
  (17)(6月17日掲載)、(18)(6月19日掲載)です。
■「藤岡氏の事務局員に対する文書攻撃」はこちらです。(14)(6月11日掲載)
■西尾氏に対する訂正要求はこちらです。[資料編(1)]
  (5月12日3段目掲載の記事)
■藤岡氏への再質問はこちらです。[顛末記(5)](6月4日掲載)
■鈴木氏の人物については、こちら(5月24日掲載)とこちら(7月5日掲載)です。
■渡辺記者の反論については、こちらです。(5月25日掲載)
■西尾・藤岡両氏の「謀略」の可能性の立証については、こちらです。(7月3日掲載)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『論座』、八木氏批判を訂正。 それから、西尾先生に重ねて訂正と謝罪を要求
末尾に、西尾先生への訂正・謝罪要求の根拠を追加しました。


急告 朝日新聞社刊『論座』7月号の「編集手帳」(344頁)に次のような訂正記事が載りました。


 6月号「『新しい歴史教科書をつくる会』内部抗争の深層」(俵義文氏)で、八木秀次会長(当時)らが「『つくる会』の財政を使って中国に行き」とありますが、八木氏および「つくる会」によると、「会の財政は使っていない」とのことでした。訂正します。

 また、八木氏が「産経新聞社は私を支持している、藤岡主導の『つくる会』にはお金を出さないといっている」と語ったというくだり(233ページ)について、八木氏から「産経新聞社から、会にお金が出ていたように読める」との指摘がありました。産経新聞社および「つくる会」によると、産経新聞社から会にお金が払われたことはないとのことですので補足致します。



 なお、八木氏の抗議に対して、『論座』編集部は「確認が取れれば、訂正記事を出します」と答えたそうです。ところが、『論座』編集部が、八木訪中の資金について「つくる会」に問い合わせたところ、鈴木尚之氏が「この論文については訴訟も含めて対応を検討しているので、事実関係を含めてすべて回答しない」「会計担当者でないと分からない」と言ったきり回答してこなかったので、「事実関係が確認できないため、誌面での対応等を検討することができない状況です」(5月18日付『論座』編集部からの中間報告)ということで、訂正記事を出すべきかどうかがなかなか決めらなかったと言います。仕方がないので八木氏が、会計担当が田村氏であることを伝え、『論座』編集部が田村氏に電話してようやく確認が取れ、訂正記事の掲載にいたったのだそうです。

 こんなところにも、姑息な手段で人を貶めようとする体質が垣間見えるのではないでしょうか。



なお、「つくる会」の『史』5月号で、高池勝彦会長代行が「種子島会長・八木副会長辞任に至る議論の経過」を書いておられますが、5月2日の「つくる会FAX通信」173号での虚偽を訂正することなく、八木氏が「私としては弁明もし」と述べたところを、「私としては弁明もせず」と改竄したままであることなど、もはや、意図的だとしか考えられない情報操作を繰り返しておられます。それは、「つくる会」の体質を世間に暴露してしまっているばかりでなく、弁護士としての自らの立場をも汚す行為だといわなければなりません。誠に残念です。


【追加】
 私の訂正・謝罪要求について、西尾先生のブログで議論になっているようですが、どうも事実関係を正確に理解しないままに議論が進んでいるように思います。そこで、すこし詳しく説明をしておきたいと思います。


 今年1月16日の理事会では、執行部会(八木、藤岡、工藤、福田、遠藤)の5人の連名で、宮崎氏の弁明書に対する「反論」が提出されました。ところが、この文書は実際には藤岡氏が起草し、八木氏の反対を強引に押さえ込んで出させたものだったため、当日の八木会長の説明は「しどろもどろ」でした。

 そこで、私が八木氏に質そうとして、「あの、本当にこれ、会長とその他の方が合意して作ったのか、疑問があります。いくつか聞きたいのですが、あの・・・」と言いかけたところ、西尾先生が「失礼じゃないか、署名しているものに対して」と言って、八木氏に対する私の質問を遮ろうとされたのです。

 しかし、私は西尾先生の横槍を無視して、質問を続け、最後にこう付け加えたのです。「なんで名誉会長に失礼だと私がいわれなきゃいけないのかわかりませんよ。だって、ここに名誉会長はいないでしょ。名前が書かれていないのに、何で私が名誉会長に失礼だといわれまければいけないのですか?」
すると、西尾先生は「一般論として失礼ですよ」と言われたのでした。

 要するに、話はこういうことです。私が「本当にこの文書に同意しているのか」と八木さんに質そうとしたら、西尾先生が「そういう言い方は、署名している八木さんに対して失礼だ」と言って私の発言を遮ろうとされたので、「文書に名前を連ねている副会長さんたちに言われるのなら、まだ話はら分かりますが、文書に名前を連ねていない西尾先生に何故失礼だと言われなければならないのか理由が分からない」と言っただけのことなのです。つまり、もし、この議論において、私の発言が失礼であったかどうかが問題となるにしても、その対象は西尾先生ではなくて、八木氏なのです。


 ちなみに、執行部会や理事会への名誉会長の出席云々という議論は、他の人々の間でありました。その部分はこうです。

福地惇氏「執行部会というのはあくまでも会長と副会長なんです。執行部会議ですよ、それが執行部会議ですよ、そこに事務局長は陪席するんですよ。」
伊藤哲夫氏「名誉会長はどうなりますか?」
藤岡信勝氏「必要に応じて執行部会はいろんな人を入れるんですよ。」
八木秀次氏「いや、必要に応じて理事を入れるんですよ。」

伊藤哲夫氏「執行部会には名誉会長は入るんですか?」
八木秀次氏「入りません。」
西尾幹二氏「入りますよ。」
八木秀次氏「規定上は入りません。」
西尾幹二氏「私は入りたくないけど入れって怒られた。」
宮崎正治氏「先生、名誉会長就任の時の話ですけど、先生は責任ある立場に立ちたくないということで理事ははっきりとお断りになられました。理事の一員ではない。ただ執行部会、理事会の要請とか、当時は先生の出たい時に出てよいという非常に特別扱い的な形になっています。執行部会についても先生については出たい時に出てもらう、あるいは執行部が要請して是非出てくださいという時には特別に要請すると。」
西尾幹二氏「だんだんと出てもらいたくなくなってきてるわけだ。」
(爆笑)

 これが全てです。つまり、西尾氏は、他の複数の人々が論じたこと(しかも「和やかに」)をすべて、私の議論(しかも「紋切り型だった」と)にすり替えて、私を「全共闘的だ」と誹謗したわけです。
 もちろん、人間には記憶違いということはあるものです。しかし、他人の人格に関わるような非難の根拠にするのであれば、事前確認は不可欠です。まして、「そんなことは言っていない」と言われたら、「つくる会」に問い合わせて確認するのが当たり前でしょう。

 ところが、西尾先生は、そのいずれでもなく、相変わらず根拠のない誹謗中傷を続けておられます。これはもはや、単なる勘違いなどという問題ではなく、「全共闘的な神社右翼・宗教右翼」という自らが描いた虚構を守るための確信犯的な言動だと断定せざるを得ません。

 重ねて、訂正と謝罪を要求します。
 



スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。