つくる会の体質を正す会
■注目の種子島経氏の特別寄稿はこちらです。(5月26日掲載)
■騒動の「構図」についての記事はこちらです。(5月10日掲載)
■騒動の「あらすじ」はこちらです。(6月6日掲載)
■「西尾幹二氏の言説の変遷」はこちらです。(6月20日掲載)
■「藤岡氏の八木氏に対する言説の変遷」は、
  (15)(6月14日掲載)、(16)(6月15日掲載)、
  (17)(6月17日掲載)、(18)(6月19日掲載)です。
■「藤岡氏の事務局員に対する文書攻撃」はこちらです。(14)(6月11日掲載)
■西尾氏に対する訂正要求はこちらです。[資料編(1)]
  (5月12日3段目掲載の記事)
■藤岡氏への再質問はこちらです。[顛末記(5)](6月4日掲載)
■鈴木氏の人物については、こちら(5月24日掲載)とこちら(7月5日掲載)です。
■渡辺記者の反論については、こちらです。(5月25日掲載)
■西尾・藤岡両氏の「謀略」の可能性の立証については、こちらです。(7月3日掲載)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
200605<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200606
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一つの「つくる会」顛末記・資料編(10)
【解説】
 11月18日の理事会では議論の末、宮崎事務局長処分問題は次回12月1日の理事会へ持ち越されました。ところが、12月1日の理事会は理由も示されないままに中止され、さらに12月7日には私たちの知らないところで宮崎氏が執行部から退職を勧告され、しかも、本人の返答も待たずに、執行部は事務局に赴いて「宮崎事務局長は辞めることになった」旨を公言し、藤岡氏が「事務局長代行」なる立場で事務局長業務を始めるという事態が起こりました。

 これによって、「コンピューター問題」は宮崎解任のための謀略ではないかという私たち疑念は、確信に近いものになりました。事態がここまで来てしまった以上、一人一人がバラバラに意見を言っていても無視されるだけなので、まとまって物を言った方がいいと言う提案が内田理事からあり、彼が文書を作成して、心当たりの理事に声をかけてくれました。こうして八木会長宛に出されたのが、(資料1)「六理事要望」と(資料2)「四理事声明」です。

 西尾氏は、それまでの経緯を隠した上に、さらに「六理事要望」も無視して、意図的に「四理事声明」だけを強調するというやり方で、「四理事」「四人組」という「異質の集団の介入、問答無用のなじめない組織的思考、討論を許さない一方的断定、対話の不可能という現象」を演出したのです。
 これまで、私が紹介した資料を御覧いただいた皆さんには、3月7日付「『つくる会』顛末記」の次の言葉が、全く事実を転倒させた欺瞞に満ちたものであることをお分かりいただけると思います。
「まず最初に四人組が組織と団結の意思表明をしました。全共闘的な圧力で向かってきました。そこで反対側にいるひとびとは結束し、票固めをせざるを得なかったのだと思います。(中略)組織的圧力がまずあって、ばらばらだった反対側があわてて組織的防衛をしたというのが[八木会長解任の]真相でしょう。」

 繰り返しますが、私たちは何の前触れもなく唐突に団体行動に出たのではありません。、理事会で継続審議となっている問題について、執行部が宮崎氏を自主退職に追い込むという裏工作までしていることを知り、そのような理事会無視を押し止め、理事会での話し合いによる決着をはかるためには、もはや個々人が良識的な意見を言っているだけではダメだと判断して、連名の文書を会長宛に出し、会長を通じて他の理事にも私たちの考えを伝えていただこうとした。ただそれだけのことなのです。

 したがって、ここであらためて、「突然の挑戦状」「異質の集団の介入、問答無用のなじめない組織的思考、討論を許さない一方的な断定、対話の不可能という現象」「全共闘的な圧力」などと表現が虚偽であったことを西尾氏が認め、訂正し、謝罪することを求めたいと思います。


   ☆   ☆    ☆

●(資料1)「六理事要望」
                            平成17年12月12日
新しい歴史教科書をつくる会
会長 八 木 秀 次 殿

             理事会召集の要望

理事 内 田   智
理事 勝 岡 寛 次
理事 高 池 克 彦
理事 高 森 明 勅
理事 新 田 均
理事 松 浦 光 修

前略 会長におかれましては国事多難の折り、会務に御精励を頂き誠にありがたく存じます。

第84回理事会(平成17年10月28日)の開催後、同年11月12日付けで「執行部告知」が発せられ、同月14日付け緊急理事会招集によって同月18日に「緊急臨時理事会」が開かれました。同理事会においては、執行部告知についての理事会承認は“保留”とされ、既に決定済みであった12月1日の定例理事会において宮崎事務局長のみならず伊藤哲夫氏や高橋史朗氏らの出席も求めたうえで採択戦の総括を踏まえて議論を尽くし、透明性の高い今後の会活動に向け事務局体制に関する重要問題を決着すべきことになっていたと存じます。

 しかるに11月25日付「理事会開催延期のお知らせ」により理事会延期が発せられ、その後、全く理事会開催のための連絡が参りません。この間、各理事には富樫監事から緊急臨時理事会での発言をさらに補足する見解が直接に表明されました。一方、理事の中には今回の採択戦についての適切な総括を求める声や、諸団体との緊密かつ友好的な運動体制の構築等についての事務局長人事の重要性についての意見もあり、いずれにしてもできるだけ早急に理事会を開催し、これらの諸課題を十分に議論して事務局体制を整え、迅速に円滑な会の運営を図ることが多数の会員からの付託を受けて理事に就任している者の務めであると存じます。

 そこで我々理事は、会則第11条による会長の理事会召集を促す要望を行います。
 宜しくお取りはからい頂き、なるべくすみやかに理事会が開催されますようにご要望申し上げます
                                    草々

   ☆    ☆    ☆

●(資料2)「四理事声明」
                            平成17年12月 12日
新しい歴史教科書をつくる会
会長 八 木 秀 次 殿

  事務局長人事をめぐる執行部対応への抗議及び経過説明等の善処を求める声明

                            理事 内 田   智
                            理事 勝 岡 寛 次
                            理事 新 田   均
                            理事 松 浦 光 修

前略
 会長に対しましては、先に我々4名の理事を含む6名の理事から「理事会召集の要望」を発しております。

 我々理事4名は、今回の事務局長人事をめぐる執行部の対応に関して抗議し、会長に対してこれまでの経緯の問題点に関する説明を含めて善処を求めるものです。

 我々が聞き及んでいるところによると、12月7日に執行部と事務局長が面談し、執行部から事務局長に対し、①11月12日付「執行部告知」を凍結し名誉を回復するから、②事務局長自らが円満に会から離れる形をとって欲しいと要望し、③事務局長はその場での即時回答を保留した(12月9日に会長及び藤岡副会長へ拒否を回答した)。④ところが執行部は、事務局長からの回答前に事務局に赴いて「宮崎事務局長は辞めることになった」旨公言し、⑤藤岡副会長は事務局長の席を整理して「事務局長代行」なる立場で事務局長業務を開始した(12月8日)とのことであります。⑥そして、事務局長による拒否の回答に対応して、藤岡副会長は一転、「会長補佐」職なる新たなポストを宮崎氏のために用意したらどうかという提案を八木会長にした(11日)とも聞いております。
1、しかしもともと11月18日の「緊急臨時理事会」においては、“採択戦の総括”の ためにはこれまでの運動の詳細を知り、関係諸団体との交渉経緯等も最も承知している 宮崎事務局長を現段階で退任させるのは不当であり、現下における会の急務は、正確な 採択戦の及び運動の総括である旨の理事の意見があったはずです。何故、12月1日の 定例理事会(多くの参加者のもとで徹底的な議論をするはずであった)の日程につき理 由も不明確なまま変更したうえで上記のごとき極めて不明朗な対応をとられたのですか。
2、そもそも「執行部告知」なるものは“罪刑法定主義”(法の不遡及)に反するもので あって、被用者に対する違法な懲戒処分(減給・出勤停止)を労働法の確定した原則に 反して行おうとした不当な処置であるということは理事会で了解されたのではないでし ょうか(高池・内田両理事は法律家の立場として意見を表明しています)。これはまさ に東京裁判の問題点と同じ性質です。まさか我々の会が東京裁判の論理を正当なものと して、本件でも不当な処分をあたかも既成事実として擁護することなどできないはずで す。
  「事務局長代行」なる職の設置は、執行部告知による事務局長への処分を事実上、固 定化し既成事実とするための方策ではないでしょうか。我々はそれに反対します。
3、9月半ば頃から水面下で選考していた“事務局長更迭論”のまさに道具として、“コ ンピューター問題”が取り上げられたことは、理事会でも指摘されました。“損害”な る主張は何ら法的実体を伴わないものです。当時の理事会及び種子島副会長の承認行為 の責任や評価を棚上げにして一方的に導入時の契約に際する不手際という曖昧な問題を 取りあげて、事務局長の不適任性が強調されています。
  これらの言挙げは、まるで南京大虐殺を左翼がでっちあげて日本軍国主義批判を展開 することを想起させます。曖昧に事務局長批判ムードを醸成するために急遽、針小棒大 に意図的な宣伝が流布されているのではないですか。その観点からも慎重に事実を把握 することが必要だという意見が理事会で出されています。
  なおコンピューターについて抽象的かつ一方的な言説(11月30日付富樫見解書) が提出されたことに関して、12月6日付で浜田、丸山両事務員を除く他の事務局員全 員から批判的な質問書を会長宛に提出していると聞いています。
4、要するに上記した執行部による11月18日以降の拙劣かつ言わば一種の謀略的な対 応は、理事会の意見を無視あるいは軽視して社会常識的に見ても到底、妥当とは思われ ないことを積み重ねているものです。このような執行部のもとで、個人の利害関係や思 惑にとらわれることなく日本の歴史の真実を明らかにして立派な国民をつくるという、 良識ある保守的思想を持った国民及び諸団体との円滑な運動が、今後、十分に展開して いくことが果たして可能であろうか、という深い憂念を持たざるを得ません。

 八木会長におかれましては以上の我々理事4名の声明に対して、誠意ある御対応をされますよう切に望む次第です。
草々

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。