つくる会の体質を正す会
■注目の種子島経氏の特別寄稿はこちらです。(5月26日掲載)
■騒動の「構図」についての記事はこちらです。(5月10日掲載)
■騒動の「あらすじ」はこちらです。(6月6日掲載)
■「西尾幹二氏の言説の変遷」はこちらです。(6月20日掲載)
■「藤岡氏の八木氏に対する言説の変遷」は、
  (15)(6月14日掲載)、(16)(6月15日掲載)、
  (17)(6月17日掲載)、(18)(6月19日掲載)です。
■「藤岡氏の事務局員に対する文書攻撃」はこちらです。(14)(6月11日掲載)
■西尾氏に対する訂正要求はこちらです。[資料編(1)]
  (5月12日3段目掲載の記事)
■藤岡氏への再質問はこちらです。[顛末記(5)](6月4日掲載)
■鈴木氏の人物については、こちら(5月24日掲載)とこちら(7月5日掲載)です。
■渡辺記者の反論については、こちらです。(5月25日掲載)
■西尾・藤岡両氏の「謀略」の可能性の立証については、こちらです。(7月3日掲載)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一つの「つくる会」顛末記(3)ー対立が解消出来なかったある要因(二)ー
三、対立が解消出来なかったある要因(二)ー権威を盲信する会員、現実を見たくない会員、自分で判断したくない会員ー

 「つくる会」が内紛を繰り返してきた原因には、もちろん、創業者や私も含めた理事たちの問題が大きいわけですが、内紛がこれだけ続く原因はそれだけではなく、会員の側についても考えなければならない点があると思います。

 一つは、有名か無名か、表面の派手な業績、過去の実績、それだけで正邪軽重を判断して、「その時々の言論の質」や「見えない努力や業績」や「未来の展望」を自分で読み解いて判断することができないノイジー・マイノリティーが会員の中にいたことです。彼らは、とかく派手なことが好きで、だから、事務局が担っている縁の下の力持ち的な地味な貢献には目を向けようとしません。それで「たかが使用人」と言った同志愛にかけ、驕り方ぶった言葉が思わず口をついて出てしまうのです。心にないことは、言葉には出ないものです。
 このような会員は特に東京支部の一部に目立ちました。彼らが西尾氏や藤岡氏の扇動にのって騒ぎ立てたことで会の混乱は収拾ができないほどに拡大してしまったのです。

 このような人々を批判することに、私は心の痛みを感じませんが、もう一つの別の種類の人々の考えや行動を吟味の俎上に載せなければならないのは、本当に辛いことです。しかし、そこに目を向けないと、今回の騒動が教えてくれている大切な運動上の教訓を無視することになると思いますので、敢えて書くことにします。
 それは、善意に満ち、それ故、本当に純粋な気持ちで西尾・藤岡両氏を信じてついてきた会員の中に、彼らの問題点は見たくないという心情からか、「誰であろうと正は正、邪は邪」とはっきり表明できなかった人々がいたことです。

 特に会のために頑張ってきた人々や犠牲を払って来た人々の中にその傾向が見られたのは不思議でした。2月27日の理事会以降のことですが、私が両氏の問題点を説明すると、先ずは「それは怪しからん」と言ってくださるのですが、もっと怒って、「それは是非改めてもらわなければいけませんね。会の将来のために理非曲直を正しましょう」と言われるのかと思うと、そうではなくて、結論は「とにかく、仲良く、分裂しないように互いに妥協して」となってしまうのです。
 どうしてそうなるのか、最初、私には訳がわかりませんでした。対外的にどんなに粉飾しても、内部が腐っていたのでは意味がないし、むとろ、世間を欺くことになってしまうのに何故? しかし、私はやがて、次のように考えるようになりました。
「よく頑張ったり、大きな犠牲を払ったりしてきた人ほど西尾・藤岡両氏のことが自分の人生の一部になってしまっていて、その誤りを認めたくないのだろう。彼らに対する批判が、自分に対する批判に聞こえてしまい、そんなことは聞きたくない、信じたくない、嘘であって欲しい、といった心理が働いてしまうのかもしれない。西尾氏や藤岡氏の言葉に簡単に騙されて、真実を告げている人々に猜疑の目を向ける人達もいるが、彼らは自分の心の痛みから逃げるために、無意識の内にそうしているのではないか。どっちもどっち、もう喧嘩はやめて、という事なかれ主義が大勢をしめてしまうのもそのためかもしれない。」

 私にとっての運動とは、自分の弱さ、愚かさ、無能さ、無力さと直面し続けることでした。それに加えて、世間からの心ない非難もありました。それでもなお、国に尽くそうとする「背私向公」(私に背いて公に向かう)の覚悟が常に要求されました。ここでいう「私」には、個人的な利害や人間関係だけでなく、時には職場、ある種の人々には、属していたり、信じていたり、信頼していたりする集団や指導者の方針なども含まれるでしょう。「その公私の葛藤に直面せずに、何の苦しみもなく、清々しい気持ちで国のために尽くすなどということはほとんど不可能だろう」というのがこれまでの経験から私が感じていることです。
 愛国運動には酷な面があります。「それでも貴方はやりますか?」という問いには、一人一人が自分で答えを出すしかないのだと思います。はっきり言いますが、「指導者の皆さん、純粋な私たちの心情を傷つけないようにして下さい。そして、成果を上げて下さい」などと考えている人は運動に手を染めるべきではないでしょう。
 もしそういう人がいたとしたら、私はこう答えます。「それは不可能です。現実を見つめる覚悟をもってください。皆さんも傷つくことを受け入れて下さい。指導者というのは、ただ、一般会員よりは、リスクを負い傷つく覚悟を、少しだけ多く持っている普通の人達なのです」

 この「顛末記」を書き始める前、私は明け方に啓示的な夢を見ました。実は、私は「宗教右翼」などというレッテルを貼られている割には、啓示的な夢など見たことがありませんでした。
 松浦光修氏は、よく見るらしく、三重県で「つくる会」の運動を展開している中で、さまざまな夢を見、その度に私に話してくれました。その夢を後から考えてみると「なるほど、そういう意味だったのか」と分かることが多く、「何だか僕たちは守られているような気がするね」などと話し合ったものです。それについては、松浦氏が「雑感」の中で書いてくれるかもしれません。

 さて、私の夢に話を戻します。それはこんな夢でした。
 大学の用事で、どこかの神社を訪れ、そこの宮司さんが出て来られるのを、私は境内で待っていました。その時に、ふと、山の方を見ると、そこに御本殿があって、塀の扉に何やら神のお告げらしい言葉が書かれてありました。読んでみるとこう書かれていたのです。

「正邪を分かつことによって『古事記』も『日本書紀』も世に出た」

 『日本書紀』では、天地陰陽が分かれることによってカミが現れます。『創世記』では神が天地創造の初めに光と闇とを分かちました。順番は違いますが、混沌の次に分化が起こることで新たな創造、カミや光の出現が起っているのです。
 正邪や陰陽の混沌状態を宥和だとか調和だとか考えるのは誤りで、むしろ、思い切って分けてしまうことによってこそ、新たな希望の光が現れ、清新な秩序の創造がはじまるのだ、とこの夢は告げているようでした。

 どんな組織でも、「創業者を大切にすること」は基本です。それは、一般論としては全く正しいのですが、だからと言って、どんな創業者の行動に対しても、異を唱えてはならない、ということにはならないでしょう。まして、世俗の運動団体の創業者に、宗教の教祖と同じような感覚で接するとすれば、それは「偶像崇拝」の謗りを免れないのではないでしょうか。

 どこの組織でもそうなのでしょうが、とくに運動団体の指導者は構成員の質やレベル、望みや欲求に大きく影響されるように思います。その団体の指導者の徳性や能力を高めたいのであれば、構成員一人一人が運動の中で不断に自らを高める努力をする以外にはないのではないでしょうか。

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。