つくる会の体質を正す会
■注目の種子島経氏の特別寄稿はこちらです。(5月26日掲載)
■騒動の「構図」についての記事はこちらです。(5月10日掲載)
■騒動の「あらすじ」はこちらです。(6月6日掲載)
■「西尾幹二氏の言説の変遷」はこちらです。(6月20日掲載)
■「藤岡氏の八木氏に対する言説の変遷」は、
  (15)(6月14日掲載)、(16)(6月15日掲載)、
  (17)(6月17日掲載)、(18)(6月19日掲載)です。
■「藤岡氏の事務局員に対する文書攻撃」はこちらです。(14)(6月11日掲載)
■西尾氏に対する訂正要求はこちらです。[資料編(1)]
  (5月12日3段目掲載の記事)
■藤岡氏への再質問はこちらです。[顛末記(5)](6月4日掲載)
■鈴木氏の人物については、こちら(5月24日掲載)とこちら(7月5日掲載)です。
■渡辺記者の反論については、こちらです。(5月25日掲載)
■西尾・藤岡両氏の「謀略」の可能性の立証については、こちらです。(7月3日掲載)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一つの「つくる会」顛末記・資料編(7)ー内田理事の手記、勝岡理事の手記、内田理事のメモー
【解説】

●(資料1)内田智理事の手記
 「コンピューター問題」に関して宮崎事務局長の処分を決定するために、昨年11月18日に開かれた緊急臨時理事会の様子を内田智理事がまとめたもの。私と松浦氏は出席できなかった。

●(資料2)勝岡寛次理事の手記
 同じく緊急臨時理事会の様子を勝岡寛次理事がまとめたもの。

●(資料3)「会員管理システム問題に関する執行部告知」の問題性についてのメモ
 内田理事が緊急臨時理事会で、自分の主張の法的根拠を明確にするために用意していったメモ。訂正されて、今年の1月16日の理事会で配布された。

◎この理事会でのやり取りを通じて、はじめて八木氏の心に「コンピューター問題」についての疑惑が芽生え、「西尾・藤岡両氏の主張を鵜呑みにはできない。内田さんたちの考えにも配慮して、何とか円満解決の道を探らなければ」と考えはじめた、ということです。これが八木氏にとっての「苦悩の日々」のはじまりでした。

   ☆      ☆      ☆

●(資料1)内田智理事の手記
          理事 弁護士 内田 智

 出席者:八木会長、藤岡副会長、遠藤副会長、工藤副会長、福田副会長
     西尾名誉会長、高池理事、久里理事、勝岡理事、富樫監事、平野監事
 
日時場所:つくる会事務所、平成17年11月18日(金)午後5時開始
      内田は6時10分で退席。会議は6時30分まで。

 当日配布資料:高森・新田・松浦各理事のコメント付き意見書
        吉永理事の執行部宛委任状
        西村真吾代議士からのペーパー(本件とは無関係)

1、まず八木会長が「欠席者の書面をそれぞれ目をとおしてください」との発言。
  5時5分頃から執行部提案について審議に入った

2、以下要旨
 ①内田「処分案二というのは二つの性質の異なるものからできている。一つは会長権限で事務局長を解任し、理事会で承認を得たいということ(会則指摘)。もう一つは使用者対労働者の関係で、宮崎氏を減給と出勤停止の各懲戒処分にすること。懲戒処分の根拠規定を尋ねたい。」
  藤岡「就業規則も労働契約も何もない。」
  高池「本来、懲戒処分はできない。但し予告手当を出して解雇はできる。」
  西尾「じゃあ解雇だ!」
  内田「罪刑法定主義と同じ思想であって労働者たる宮崎氏への懲戒処分はできない。解雇は、解雇権濫用の問題で法的に争われれば勝てないだろう。」
  高池「解雇はできるかも」(内田「思想団体だから可能性ある」)
  八木「そうするとこの処分案は違法で、全然だめということですね?」

 ②内田「だから結局、今回のことは宮崎氏を更迭するために、コンピューター問題を利用しようとしているだけでしょう。世間では許されない不当なやり方だ。嫌がらせをして追い出そうとしている。地位を奪い、金を奪い、名誉を奪うのが人の道にかなうのか」
  遠藤「更迭問題とコンピューターの問題とはあくまでも別にやろうとしていることを理解して欲しい」
  内田「コンピューターの問題で、損害があるのか。1千万円ではあり得ない」
  高池「法的損害はまだない、或いは不確か」
  西尾「現に不具合がある。自分はこんなに金をかける必要などないと主張してきた」
  遠藤「(執行部側報告書の要旨をさらに説明)」「調査の中で宮崎さんは局長に不適任であると思った」
  久里「コンピューターや財務の細かい問題でいきなり詳しい背景も分からないのでよく判断できない。処分はまずそう」
  藤岡「H氏はこの問題で契約相手の会社の取締役を退任?となった。宮崎氏が会で処分されないのはおかしい」
  内田「そんな理屈は立たない。H氏は経営判断を誤って1700万のところを1000万で締結して会社に損害を与えたという評価でしょう。会社とつくる会で契約をしているんだから。宮崎さんの処分とは関係ない」
  西尾「大事な会員のお金を無駄なことに使ったのでその責任が事務局長にはある」
  内田「執行部や理事会でオーソライズされて事務局長が執行しただけだ。当時の執行部で現理事の種子島さんが何故責任を負わないのか」
  西尾「それはそうだ。当時賛成した意味で高森も悪い」

 ③内田「時間が余りないので言っておく。今度の処分は、世間の物笑いとなる。些細なトラブルに藉口して事務局長を生け贄にしてよいのか。採択戦の総括が先である。どこに薄給で熱心にこれだけ会に尽くしてくれる人材がいるのか。思想・知識・読書量・諸団体との人的関係いずれをとっても代わる人材はいないのではないか。功労に報いることをせず石もて追うように人を痛罵して何が保守思想団体か。(新田書面の3項冒頭2行を読む)理事だってこう思っている」
  *宮崎氏の人物評価について西尾、富樫(いずれも悪口)
  藤岡「総括というが、他の事務局員からは書面が出ているが宮崎さんから全く出ていない。総括は総会でやった」
  八木「それは対外的な話であり、会内では全く総括は終わっていないことは明らか」
  遠藤「今回の調査で、全く問題がないと宮崎さんが言ったのには信じられなかった。調査の中で宮崎さんは局長に不適任であると思った」
  勝岡「今回の処分を外から見ると、新田、松浦両氏の書面のような批判が出るのは当然のこと」 
  内田「こんなことをしていては、高額寄付者もはなれてしまう」
  藤岡「脅迫だ!」
  西尾「会が割れるから今日はこれ以上の審理はできないな」
  内田「結局、無理に更迭したいがためにこんな非道いやり方をしては駄目。処分案に反対。伊藤哲夫氏なども呼んで審議を継続すべき。」
  藤岡「伊藤氏や高橋史朗氏には共に案内を出している」(以上で退席)
 
 ④他の状況等および補足
  福田副会長、工藤副会長は発言なし。
  富樫監事からは「事務局全体が腐っているのでは」などの発言があった。
  (11月18日記す)


●(資料2)勝岡寛次理事の手記
勝岡寛次

 11月18日理事会の出席者は執行部(西尾、八木、藤岡、遠藤、福田)に監事二名(富樫・平野)、あとは久里、高池、工藤、内田、勝岡の12名。新田理事、松浦理事、高森理事よりの意見書あり。

 最初に内田理事から質問の形で、宮崎氏の懲戒処分につき、法律問題としてつくる会に懲戒する権限はあるのかといった話になり、結論としては「ない」「裁判すれば負ける」(内田)等、ひとしきりその話題になった。高池さんが「解雇することは出来る」と発言すると、西尾先生がすかさず「それなら直ぐに辞めてもらおう」と発言したが、同調者はなかった。

 私が「事務局長の責任、1000万円の損失というが、その根拠が明確でない。現にシステムは稼動しているではないか」との疑問を呈すると、遠藤氏より、今回の経緯についてのこまかい説明があり、私は経緯を詳しく知らないので、不信感を抱きつつも反論できなかった。しかし、その後のやり取りの中で1000万円の損失とかいうアバウトな話でなく、もっと損失の額を詰める必要があるという話にはなった。

 ついで内田氏が、「結局は宮崎氏を辞めさせたいがためにこの問題を利用したに過ぎない」と強い調子で執行部を批判。西尾・藤岡両氏は、内田氏の気迫に圧倒されてか(?)必ずしもこれを否定せず。内田氏は憤懣やる方ないといった調子で「こんなことをするのは卑劣だ。今は総括をしなければいけない時なのに、何故こんなことを拙速にするのか。宮崎氏の事務局長としての実力は皆が認めている。下手なことをして追放でもすれば、ああつくる会は結局そういう組織なのかと見られてしまうが、それでもいいのか。保守派の団体は皆これを見ている」と“立て板に水”の如しであった。しかし、西尾先生は「宮崎さんからは一つ一つ事実を確認しながら話を聞いた」、藤岡先生は「全く話が違う。(内田氏は)事務局内部のことを全然わかっていない」といった調子で、執行部との溝は全く埋まらなかった。

 私が「それにしても今回のことは拙速で、15日に案内状が届いて18日に緊急理事会で決めるというのは非常識だ。新田、松浦、高森の各氏も皆同じような疑念を抱いている」と発言すると、拙速だったことは執行部も認め、西尾先生から「じゃあじっくり時間をかけてやりましょう。それならいいでしょう」との発言があり、結論は持ち越しとなった。ここで内田氏は時間がなくなり、「今度は伊藤哲夫氏にも出席してもらってやりましょう」と言って途中退席した。

 内田氏が退席した後は、富樫氏も加わって宮崎批判一色となった。久里氏も「私は宮崎氏を事務局長として適任だと思っていない」と発言。富樫氏は「この執行部報告は宮崎氏の意見を中心に書かれているが、私の意見は入っていない。宮崎氏は前の時もこのような対案を出したが、やってることはいつも同じ。事務局員は宮崎氏からいつもいじめられている」と発言。西尾先生は、「宮崎さんがいなくなって事務局員はせいせいしている」とも言った。私は、事務局内部のことは全然わからないので、黙っているしかなかった。(福田先生は最後まで発言されず)

 最後に八木会長から、「何とか建設的な方向でまとめたい」との発言があった。西尾先生が捨てぜりふのように「今度は宮崎さんにも出てもらって、皆で吊るし上げましょう!」と聞き捨てならぬことを言ったので、私が「それは共産主義ですよ」と言ったところで会議はお開きになった。

 遠藤氏は非常に不本意な様子で、「自分は宮崎さんになるべく傷がつかないようにと思ってやってきた。それが解っていただけないのなら、副会長は辞任する」と、憮然とした調子で最後に言われていたのが印象に残っている。ああ、この人は真面目なのだなと思った。

 私は、執行部についても、事務局についても、それから全国の支部と宮崎氏との関係についても、わからないことだらけだ。執行部が不当に宮崎氏を首にしようとしているのであれば、それだけは何とか思いとどまらせたいと思って今日は議論に参加したが、執行部の宮崎批判が相当強固なことを肌で感じた。事務局員が宮崎氏に対して、実際のところどういう思いでいるのかは、私には判断がつきかねた。

 つくる会が、総括にも入れずこんなところでもたついているのは見苦しい限りだが、次回理事会では事務局員も入れて宮崎氏の責任を追及することになるのではないかと予想される。当時を知っている人でないと、判断しかねることばかりで、もっと事情が分かる人に多く参加していただいて、事実に基づいた正確な議論をしてほしいものである。
(11月18日記す)


●(資料3)「会員管理システム問題に関する執行部告知」の問題性についてのメモ

                          平成17年11月18日
(18・1・10訂正)
弁護士 内田智(つくる会理事)

 表記告知(平成17年11月12付)の内容のうち宮崎事務局長(以下事務局長)に対するもの(表記告知の二)を「本件処分」とよぶ。

 結論:本件処分は違法かつ不当である。

 理由:
1、まず本件処分のそれぞれの法的性質は次のとおりである。

 (1)「事務局長の任を解き、事務局次長に降格する」については、もともと事務局長の解任行為が、会則18条3項(「事務局長は、会長が指名し、理事会の承認をうけるものとする」)の指名に対応するものとして、会長の権限であり、理事会の承認事項であると解釈できるから、「会長」による解任行為を理事会が承認するかどうかの問題である。

 (2)「事務局長としての給与の10%を本年12月より3ヶ月にわたり減額する」及び「当分の間、出勤停止とする」については、つくる会(使用者)に対して労働者たる地位にある事務局長に対する、いずれも懲戒処分(服務規律違反に対する秩序罰)である。労働者が就労に際して守るべき集団秩序を職場秩序といい、その職場秩序を確立しその遵守を労働者に要求するために集団的な労働の場における行動基準が必要となるが、その一つが服務規律である。大きく分けると4つある(①出退勤・勤務態度・業務命令・素行等労務の正常な提供の確保に関する条項②使用者に対する信用・名誉・職務上の秘密・地位利用等の使用者と労働者との信頼関係の維持による条項③施設利用、怠慢・不注意による災害等使用者の財産の保全、損害の防止に関する条項④施設内でのビラ貼り・集会等政治活動禁止に関する条項)

 なお「出勤停止」とは、一定期間出勤を停止し、就労を拒否する制裁をいい、その期間中の賃金の支払いは停止されるのが原則である(したがって労働基準局長通達は「出勤停止の期間については、公序良俗の見地より、当該の情状の程度などにより制限のあるべきは当然である」としており、労働者の生活を不当に圧迫するおそれのある長期間にわたる出勤停止は許されないものとされている。この観点から「当分の間」という処分は労働者の地位を徒に不安定な立場におくものと言え、表現の有効性自体の問題もある)。賃金の支払いがされる「出勤停止」には、経済的問題はないが当該労働者の業務遂行を阻害する(その間の執務ができないことによる復帰後の困難。営業職が典型)側面と職場内での名誉を毀損する面が指摘できる。一方、出勤停止を秩序罰として労働者に命じておきながら、賃金を支払うとすれば使用者側財産を不当に毀損する(ノーワーク・ノーペイの原則に反するから)との批判が可能である。

2、労働者に対する使用者からの懲戒処分発動については、予め懲戒事由と懲戒処分の種類・程度が就業規則・労働協約に明示されていなければならない。(労基法89条1項9号「制裁の定めをする場合においては、その種類および程度に関する事項」)。罪刑法定主義(刑法の原則)は、職場における労働者の制裁・懲戒においても要求される。

 本件処分が就業規則や労働協約上、いかなる規定にもとづくのか。
 また懲戒処分と懲戒事由の軽重の関係は、客観的にみて相当でなければならない。客観的な相当性を認められない処分は無効である。
 さらに懲戒処分は、適正な手続きにしたがっておこなわれなければならない。懲戒手続きが就業規則や労働協約に規定されていればそれを厳格に守らなければならない。手続きに重大な違反があれば処分は無効である。当該「労働者の弁明」を「十分に」聞くことは、当然に絶対的に必要である。これらの要件が本件処分において充たされているか。

3、「懲戒事由」の不存在

 (1)事務局長が「1000万円の損失を当会に与えた」事実がそもそもあるのか。損害は現在、発生しているのか。コンピューターシステムは現在、ダウンしているのか。なお、調査報告書では以下の言葉が用いられている。
「総額1000万円以上の高額の投資(中略)僅か3年で終焉を迎えつつある事態」
「1000万円の高額投資を無駄にしたという事態」
「1000万円もの高額投資が僅か3年で事実上崩壊した」
何の根拠で、現在、法的な意味での「損害」がつくる会に発生したと言えるのかの疑問がある。
 「データ保存に重大な疑問がある」(11月9日)との指摘が損害とどう結びつくのか。また、「コ社」がメンテナンスを要求しても応じない事実及びそれが直ちに事務局長の負うべき「損害」にどうしてなるのか。

 (2)執行部(会長、副会長、事務局長。会則12条)の構成員に過ぎない事務局長が、執行部会や理事会で報告して了承を受けた各種契約行為及び交渉を行って、どうして法的責任(懲戒処分)を問われることになるのか。
 報告書にも招集通知にも事務局長に「悪意や不正は存在しない」と明記してある。それでは労働者としての事務局長に業務遂行上の何らかの「過失」や不注意があるのか。その「過失」は本件懲戒処分を妥当なものとする程のものか。上記(1)のように、「損害」がないにもかかわらず、そのような「過失」の存在を執行部は立証(裁判まで視野に入れて)できるのか。

 調査報告書によってそのような過失が立証されたと到底言えないと判断する。
 事務局長の弁明書(添付書類含む)がどうして処分の承認を求める理事会資料に添付されないのか。手続き上の重大な問題である。(以下略)

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。