つくる会の体質を正す会
■注目の種子島経氏の特別寄稿はこちらです。(5月26日掲載)
■騒動の「構図」についての記事はこちらです。(5月10日掲載)
■騒動の「あらすじ」はこちらです。(6月6日掲載)
■「西尾幹二氏の言説の変遷」はこちらです。(6月20日掲載)
■「藤岡氏の八木氏に対する言説の変遷」は、
  (15)(6月14日掲載)、(16)(6月15日掲載)、
  (17)(6月17日掲載)、(18)(6月19日掲載)です。
■「藤岡氏の事務局員に対する文書攻撃」はこちらです。(14)(6月11日掲載)
■西尾氏に対する訂正要求はこちらです。[資料編(1)]
  (5月12日3段目掲載の記事)
■藤岡氏への再質問はこちらです。[顛末記(5)](6月4日掲載)
■鈴木氏の人物については、こちら(5月24日掲載)とこちら(7月5日掲載)です。
■渡辺記者の反論については、こちらです。(5月25日掲載)
■西尾・藤岡両氏の「謀略」の可能性の立証については、こちらです。(7月3日掲載)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
200605<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200606
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう一つの「つくる会」顛末記・資料編(6)ー新田意見書と松浦意見書ー
【解説】
●(資料1)平成17年11月17日付「新田意見書」
 宮崎氏から「弁明書」が届き、それを読んであわてて前日に出していた八木会長宛のファックスを訂正して、翌日の緊急臨時理事会のために八木会長宛に出した意見書です。まだ、「コンピューター問題」なるものの正体(つまり、本当に欠陥ソフトなのかどうか)が分からない中で、「何か怪しいなあ」という勘に基づいて、問題解決の筋は何か、運動体としての優先課題は何か、どんな倫理観を持たなければいけないのか、という観点から書いたものです。

●(資料2)平成17年11月17日付「松浦意見書」
 私とは別に、松浦氏が本部から送られて来た資料や「宮崎弁明書」を読んで、翌日の緊急臨時理事会に提出してもらうために八木会長宛に送った意見書です。別に話し合ったわけではないのですが、私とほぼ同じ論点から執行部提案に反対しています。「宮崎弁明書」を素直に読めば、こういう結論になるのが当然なのではないでしょうか。

◎私と松浦氏の他に、高森明勅理事も執行部案に対する反対意見を書面で出されたそうですが、入手してないため掲載できません。


●(資料1)
                           平成17年11月17日
八木秀次会長様
    新 田  均

 11月14日付けの会長名の緊急理事会開催通知ならびに調査報告書を受け取った後に私の感想を記したファックスを昨日お送りしました。ところが、その後、宮崎事務局長よりの弁明書が届き、それに目を通しました。その結果、今回の処分案には同意出来ず、まず、採択の総括を行い、システム問題についてはさらに精査し、事務局長その他の執行部の責任については、その結果が出た後に、来年三月を目途として最終決定を行うべきだと考えるにいたりました。以下、理由を列記いたします。

1.システムの問題については、その欠陥の程度や被害総額が明確ではありません。もし、当会が重大な損失を受けたのならば、第一義的に責任を問われるべきはコ社であるわけですから、損害賠償を求め、その結果を待って損害額を確定すべきでしょう。その前に、内部の処分を急ぐ必要はありません。しかも、多くの理事の出席が見込めない臨時理事会で決着をはかろうとするのは拙速というものでしょう。

2.今の当会にとっての最大の課題は、敗戦の総括にあります。運動の中核にいた宮崎事務局長を抜きにして、その総括を正確かつ多角的に行うことは不可能だと考えます。十分な総括をせずに次の運動に突入しようとするのは愚かなことです。

3.宮崎氏更迭の動きはシステム問題浮上以前からあり、その事情を知る者として、今回の処分提案には、何にか清らかならざる嫌らしさを感じます。事実の究明や建設的な反省よりも、特定の人物に責任を負わせることによって、別の何かを得ようとしていたり、もっと重大な何を隠蔽しようとしているのではないか、との疑念を拭えません。会の品性を貶める結果になるのではないかと心配です。これからの運動にとって最大のマイナスは「所詮あれが正しい歴史を声高に叫ぶ者たちの本性なのだ。彼らが作った教科書で教育されたところで立派な人間になどなりはしない。彼らの振る舞いをみれば分かることだ」と後ろ指をさされることでしょう。この会には、本当に純粋な良心や宗教心から献身的な貢献してくれている会員が多数います。公明正大ならざる振る舞いで、彼らを失望させれば会は崩壊しかねません。謀略を疑われるような拙速は避け、今はじっくりと事実確認に努めるべきだと思います。何をそんなに慌てふためいているのかと理解に苦しみます。
 先のファックスでも若干申し上げましたが、もしも宮崎事務局長について身分に関する責任を問うのならば、旧執行部についても同様の措置を考えべきでしょう。


●(資料2)
                          平成17年11月17日
 八木秀次会長様                      松浦光修

       緊急理事会に対する意見書

一昨日、速達にて緊急理事会の御案内を受け、その文面を一読して驚いています。遠方で旅費もおかけしますし、また急なことでもあり、欠席させていただきますが、送付いただいた文書を拝見して、かなり違和感を覚えましたので、書面にて申し上げます。

① いただいた文書を読むかぎり、今回第一に問われるべきは、「コンピュートロニクス株式会社」の「保守契約書」の契約不履行なのではありませんか?。その契約違反による損失額が具体的に、どの程度のものなのか、一千万円という数字は何を根拠にしているのか、もしも本当に契約違反なら、「つくる会」として、なぜ、まず契約不履行を追求しないのか、この点、不思議でなりません。

② 内部の責任追及は、その作業を通じて、外部の処置が落着した後に行われるのが、普通の手順でありましょう。それがなぜ、それは問わないまま、内部の責任追及が優先されているのか、それに、なぜそれを「緊急理事会」を開いてまで、慌てて決定しようとしているのか、私には、よくわかりません。

③ 宮崎氏には、今回の採択の総括をまとめる、という重要な仕事があり、それは今後の採択のためにも、ぜひとも必要なものであつたはずです。宮崎氏のミスはミスとして、その関する処分は、その重要な仕事のあとでは、なぜいけないのか、私には理解できません。

④ 上司が部下の処遇を考える時には、これまでの「功罪」の両面から、総合的に判断すべきでしょう。「功」について、私個人にかぎって言えば、これまでの「つくる会」の、支部活動以外の仕事を(理事をお引き受けしたことを含め)お引き受けしてきたのは、単に会の活動や八木会長を支援したいから、という気持ちのみからではありません。それに加えるに、宮崎氏の多少強引とも思われるお誘いがなければ、お断りした仕事も多かったと思います。おそらく会員の中には、そういう方も少なくないはずです。

以上、取り急ぎ申し上げました。「本部の事情のわからぬ者の的外れの所感」とお思いでしょうが、私には一支部長として支部会員への説明責任があります。万人が納得できるよう、事態を収拾していただきたいと思います。そして、くれぐれも「角を矯めて牛を殺す」ことのなきよう、明日の理事会では、その点を御配慮の上、よろしく御議論ください。(付記 転載にあたつては誤字等を修正し、また会員の個人情報に関する文言は削除しています)

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。